前田敦子、「いつから天才」の質問に「秋元(康)さんが見つけてくれた時から」

前田敦子、「いつから天才」の質問に「秋元(康)さんが見つけてくれた時から」

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/08/06
No image

前田敦子が映画「コンビニエンス・ストーリー」公開記念舞台あいさつに登壇 / 撮影=山田健史

【写真】シースルー生地のドレス姿で登壇した前田敦子の全身ショット

女優の前田敦子が8月6日、都内にて開催された映画「コンビニエンス・ストーリー」公開記念舞台あいさつに、成田凌、三木聡監督と共に出席。「いつから天才なのか」と尋ねられ、「秋元(康)さんが見つけてくれた時からじゃないですか(笑)」と答える一幕があった。

本作は、欲しいものが何でも見つかる不思議なコンビニエンス・ストアを入り口とした異世界アドベンチャー。スランプ中の売れない脚本家・加藤を成田、コンビニ「リソーマート」で働く妖艶な人妻・惠子を前田が演じる。

前田は「着いた瞬間、『どこだろうここ』みたいなところでの撮影がずっと行われていた」と撮影現場を回顧。続けて「監督の演出って三木監督でしかないなと思いました。あまり覚えてないんです。夢見心地だったんだろうなと思います」と独特な世界観に抱いた思いを明かした。

また三木監督はキャストの2人を「静の天才・成田凌、動の天才・前田敦子という感じ」と表現。いつから天才なのかと聞かれた前田は、困った顔で「いつからなんでしょう。秋元(康)さんが見つけてくれた時からじゃないですか(笑)」と答えていた。

イベント中盤には、作品のポスターの描かれた目のイラストが前田の目をトレースしたものだ、と明かされる場面も。前田は「そうなんですか?」と驚き、「おしゃれだなと思っていました。私の目だったんですね(笑)」と笑った。

劇中の加藤のようにスランプに陥った時にどうするか、という話題では、前田が「もやもやすることはもちろんありますけど、一人で抱え込まないようにしてますね」と回答。「絶対になんでもしゃべれる人が何人かいると、救われるんじゃないかなと思います」と持論を語った。

同じ話題で三木監督は「行き詰まると『机が汚いから気が散って書けないんじゃないか』と思って机の掃除始めるじゃないですか。上がきれいになると引き出し掃除しはじめて、で、部屋中の掃除。しまいには風呂掃除までしたことあります。夜中の4時に」と告白。

「脚本とかって行き詰まっていると達成感がないんで、物理的に達成できることをやりはじめちゃう。きっとね」と掃除を始める理由を分析していた。

映画「コンビニエンス・ストーリー」は、テアトル新宿ほか全国公開中。

◆取材・文=山田健史

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加