自民「保守の会」 日台関係深化へ決議申し入れ

自民「保守の会」 日台関係深化へ決議申し入れ

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/04/06

自民党の高鳥修一衆院議員ら保守系の有志議員でつくる「保守団結の会」は6日、下村博文政調会長と党本部で面会し、台湾との関係深化を目的とした「日台交流基本法」の制定などを求める決議を申し入れた。

決議は、自民党と台湾の与党、民主進歩党が外交や経済について定期的に協議の場を持つことや、昨年死去した李登輝元総統の誕生日である1月15日を「日台友情の日」として行事を行うことなど7項目にわたる。

下村氏は「台湾問題は決して人ごとではない」と応じ、党外交部会に決議を伝達する意向を示した。

No image

台湾との関係深化を目的とした「日台交流基本法」の制定などを求める決議を申し入れる自民党有志議員=6日、自民党本部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加