【ファーム情報】ヤクルトドラ1山下は2回無失点 ソフトBリチャードがリーグ単独トップ10号

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

プロ野球のファームは6日、イースタン、ウエスタン両リーグで3試合が行われた。

巨人はヤクルト戦(ジャイアンツ)の延長10回、2―1でサヨナラ勝ち。2死満塁で途中出場の香月がサヨナラの押し出し四球を選んだ。ウレーニャが2安打1打点。5番手の育成選手・木下が6回5安打1失点で。ヤクルト先発のドラフト1位・山下(法大)は2回1安打無失点。川端が2安打1打点だった。

ソフトバンクは阪神戦(鳴尾浜)に5―4。中谷が4回の先制3号3ランなど2安打、リチャードが9回のリーグ単独トップの10号ソロなど2安打を放った。先発・笠谷は4回無安打6奪三振で無失点。阪神先発・小川は4回6安打3失点で1敗目(1勝)。ドラフト6位・豊田(日立製作所)が7回の4号2ランなど3安打をマークした。

中日は広島戦(ナゴヤ)に3―1。福留が6回に2号ソロを放った。堂上が2安打。先発の育成選手・福島が7回4安打無失点の好投で5勝目(4敗)を挙げた。広島先発・野村は3回1安打無失点。正随が9回に4号ソロ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加