【私が見た阿部勇樹】先頭に立つわけではないのに誰もが頼りにした男...その求心力の裏側

【私が見た阿部勇樹】先頭に立つわけではないのに誰もが頼りにした男...その求心力の裏側

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/11/25
No image

11月25日発売号のサッカーダイジェストでは、引退惜別企画として玉田圭司選手と阿部勇樹選手をクローズアップ。彼らのこれまでのキャリアをプレーバックしつつ、偉大な実績を改めて目に焼き付けてください。(C)SOCCER DIGEST

No image

引退会見では今後の道を語る。選手時代とは違う新たなチャレンジに。写真:田中研治

No image

常にチーム全体を見続け、苦しい時こそ表に出てチームを支えた。その姿勢が求心力につながった。(C)SOCCER DIGEST

2021年シーズン限りで現役引退を発表した阿部勇樹。その輝かしいキャリアを様々な記者に振り返ってもらう。浦和の番記者がつづるのは、誰からも信頼された背景だ。

―――◆―――◆―――

2007年に浦和にやってきてから、途中で1年半ほどイングランドにプレーする場を移したものの、長年にわたってチームを支えてきた男の決断だった。40歳という年齢になるまで契約を勝ち取り続け、自分の意思で引退を決めるというのは、多くのサッカー選手の中でもほんのひとつまみにだけ許される幸せな最後だろう。もちろん、彼はそれに値する、それに相応しい存在だった。

彼はキャプテンとして長く過ごしたが、いつもチーム全体のバランスを見ていたように思う。チーム状態が良い時ほど、狙って目立たないようにしている感もあった。勝利した試合後のミックスゾーンでは、決勝点を決めた試合ですら「みんなの話を取り上げてくださいよ」とあまり多くを語らなかった。中心になってワッと喜びを表現するよりも、少し離れたところから微笑ましく見守っているようなタイプだった。「仕事はチームが調子に乗っている時か悪い時だけ」という言葉も残した。
先頭に立って引っ張っていくリーダーというよりは、後ろから支えていくようなタイプだというのを自分でも認めていた。トレーニング中のランニングでも、いつも最後尾から全体を見ていた。そうやってチームメイトを気遣い、その代わりチームの状態が良くなければ自分が矢面に立って、調子に乗っているようならグッと引き締める。そうやって、いつもチームの浮き沈みが激しくならないように、ピッチ上のプレーと同じように逆サイドを見ながらバランスを取っていく存在を、誰もが頼りにしていた。

そうした行動が周囲に受け入れられ、求心力を発揮するのも、阿部自身が真摯にサッカーへと向き合う姿を見せ続けてきたからだろう。試合後にトレーニング場でケアをしてから帰宅することも日常だった。手を抜いた姿などあるわけもなく、それこそランニングのメニューがあった時に、4スミに置いてあるマーカーの一歩でも内側を通るような姿は一度も見たことがない。ストレッチや筋トレ系のメニューで時間や回数をごまかすような仕草もまったくなかった。そうした姿との積み重ねがあるから、誰もが信頼する。 そうした思いが試合のピッチにも現れて伝わるからこそ、浦和のファン・サポーターも信頼し続けたのではないだろうか。そして、阿部自身もその信頼や応援に応えようと全力でのプレーを続けた。2016年ルヴァンカップの決勝戦での優勝はPK戦にもつれ込んでのものだったが、遠藤航のキックが決まった瞬間に阿部はそちらではなく、180度向きを変えて浦和のファン・サポーターの集まるゴール裏のほうへ駆け出していった。翌年のACL優勝の時に、「この真っ赤なスタンドでみんなが喜んでくれているのが、一番響くんですよね」と話していたのも印象に残る。

「これだけのチームが、浦和レッズの関係者、選手、現場スタッフ、応援してくださるファン・サポーターの方々が本当にひとつになったときは、とんでもない力が発揮されるんじゃないか」

引退発表の記者会見で、阿部はこんなことを話した。折に触れて少しずつ言葉は違いながらも、同じようなニュアンスのことを話してきただけに、本気で浦和レッズというクラブ、あるいは地域全体を含めてのポテンシャルを信じているというのが伝わってきた。

「本当に幸せなサッカー人生でした」と話した選手としての時間は間もなく終わる。そして今後は、指導者の道を歩むと本人は話している。ジェフユナイテッド千葉や日本代表でのイビチャ・オシム監督、浦和でのミハイロ・ペトロヴィッチ監督が目標にするべき存在とも話しつつ「どんなに頑張ってもオシム監督やミシャ監督のようにはなれません」なんて言い方もしていた。ただ、選手時代とは違う新たなチャレンジになるだろうけれども、きっと彼の周りには全力で力を貸してくれる人が集まるだろう。

浦和は今季、リーグ戦の終了後に天皇杯でタイトル獲得の可能性を残す。「選手として残り1ヵ月あるので、その中でもやれることはしっかりやっていきたいと思っていますし、レッズが好きなので良くしていきたい」と話す阿部と、最高の思い出を作るチャンスはまだ残っている。

取材・文●轡田哲朗(フリーライター)

【阿部勇樹引退会見PHOTO】涙あり!笑顔あり!阿部勇樹の現役引退会見を特集!!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加