法大・山下輝 吠えた8回10奪三振1失点 112球熱投でつかんだ今季初白星

法大・山下輝 吠えた8回10奪三振1失点 112球熱投でつかんだ今季初白星

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

◇東京六大学野球第4週第2日 法大5ー1早大(2021年5月2日 神宮)

No image

<法大・早大>8回2死一塁、早大・吉納を三振に斬り、吠える法大・山下輝(撮影・吉田 剛)

法大の左腕・山下輝が8回を5安打1失点、10三振を奪う力投で今季初勝利を挙げた。「前の2試合と比べて、まとまった投球ができた。真っすぐとカットボールが良かった」。

雄叫びを上げながらの112球の熱投に、加藤重雄監督は「いつもニコニコしている。あんなうなり声は聞いたことがない。気合が入っていた」とねぎらった。

▼早大・小宮山悟監督(山下輝相手に)チャンスはあったがあと一本が出ない。秋には攻略したい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加