両守護神の活躍で京都vs清水はゴールレスの引き分けに【明治安田J1第13節】

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/05/14

明治安田生命J1リーグ第13節、京都サンガF.C.vs清水エスパルスが14日にサンガスタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。

【動画】全てがワールドクラス!思わず唸るボレーシュートBest3

10位の京都(勝ち点16)と14位の清水(勝ち点12)の一戦。京都は4月の5試合は3勝1分け1敗の好成績を残したものの、同月最後のリーグ戦となったアビスパ福岡戦からここ3試合は1分け2敗。前節は未だホーム無敗を誇る札幌の本拠地で1-0の惜敗を喫した。

対するは、前々節の湘南ベルマーレ戦で今季2勝目を挙げた清水。その日は6分間で3得点と攻撃陣が爆発したが、前節の川崎フロンターレ戦はホームで0-2の完敗。再びリスタートを強いられることになった。

試合は序盤から互いに次々と決定機を作り出す白熱の展開となる。まずは2分、清水は敵陣でボールをロストしたところを素早く奪い返し、宮本が鈴木唯人とのワンツーでボックス手前からミドルシュートを放つ。

これはGK上福元の正面に飛んで事なきを得た京都は8分、敵陣での宮吉のパスカットからウタカがボックス右に侵攻。シュートを打てればという場面だったが、ここはホナウドの対応に遭う。それでも11分には、左サイドからのクロスを武富が頭で合わせて決定機を演出する。

一進一退の攻防はまだ続く。19分、今度は清水の鈴木唯人が左サイドを突破しクロスを上げると、相手に当たってこぼれたところを白崎が素早くシュート。これはDFにブロックされ、そのセカンドボールを今季初先発のカルリーニョス・ジュニオが拾いゴールを狙うも、ここもDFに跳ね返された。

あと一歩まで迫りながらも、肝心のゴールには至らない両チーム。京都は26分のウタカのシュートはGKの正面に。38分には高い位置でボールを奪ったウタカが持ち上がり、最後は武富がボックス右からシュートを放ったが、これもGK権田の正面に飛ばしてしまった。

後半はよりタイトな内容となり、互いに前半ほどゴールに近づくことはできなくなる。それでも清水は55分過ぎにチアゴ・サンタナが立て続けにシュートシーンを迎えるなど、少ないながらもチャンスを迎えていく。

一方の京都は、75分にウタカがシュートを放つも大きく枠を外れる。後半アディショナルタイムには、自陣でのボール奪取から前線のウタカが起点となり、山田にビッグチャンス。だが、ウタカの横パスを受けてボックス右に侵入するも、丁寧にコースを狙ったシュートはGK権田の守備範囲だった。

清水もラストプレーで途中出場の神谷がミドルシュートを狙ったが、京都もGK上福元がしっかりセーブ。この両守護神の活躍もあり、試合は最後までゴールが生まれず0-0の引き分けに終わった。

京都サンガF.C. 0-0 清水エスパルス

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加