J1名古屋が“股抜きパス2連続”の珍ゴール 浦和戦の先制弾SNS反響「オシャレ」「こういうプレー大好き」

J1名古屋が“股抜きパス2連続”の珍ゴール 浦和戦の先制弾SNS反響「オシャレ」「こういうプレー大好き」

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/08/06
No image

先制した名古屋グランパス(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

ホームで浦和と対戦、MF重廣卓也の先制ゴールシーンが話題

名古屋グランパスは、8月6日のJ1リーグ第24節で浦和レッズと対戦。ホームで行われた一戦の前半27分、相手の股を立て続けに通すパスがつながり先制ゴールを挙げると、「股抜きパス2連続とは珍しい」「オシャレなゴール」と注目を浴びている。

リーグ戦3試合ぶりの勝利を目指した12位の名古屋は、ホームに浦和を迎えた一戦で今夏新加入のFW永井謙佑(←FC東京)、MF重廣卓也(←アビスパ福岡)らをスタメン起用。序盤から積極的に前に出たなか、前半27分に意表を突く形で先手を奪う。

スローインからリスタートし、敵陣右サイド深くでFWマテウス・カストロがボールを受けると、ゴールライン外に出ていた永井がピッチ内へ。エリア内でフリーになった瞬間を見逃さず、マテウスはマッチアップした相手の股を通して永井へパス。これを受けた永井も、浦和DF知念哲矢の股を抜くラストパスをゴール前に送り、中へ詰めていた重廣が右足でフィニッシュした。

このゴールシーンがSNS上で注目を浴び、ファンからは「股抜きパス2連続とは珍しい」「オシャレなゴール」「おもろすぎる笑」「こういうプレー大好き」と、2連続の股抜きパスを完成させての珍しい得点シーンが反響を呼んでいた。(FOOTBALL ZONE編集部)

FOOTBALL ZONE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加