【釣りフェス2023超速報】名竿ハードベイトスペシャル(ノリーズ)に初のグラスコンポジット登場!!

【釣りフェス2023超速報】名竿ハードベイトスペシャル(ノリーズ)に初のグラスコンポジット登場!!

  • 釣りビジョン マガジン
  • 更新日:2023/01/28

2023年01月25日公開

【釣りフェス2023超速報】名竿ハードベイトスペシャル(ノリーズ)に初のグラスコンポジット登場!!

No image

ファストムービングに特化して「死角なし」と思われたハードベイトスペシャルだったが、グラスコンポジットモデルを3機種追加してシリーズの増強が図られる。その全貌を伊藤巧さんがわかりやすく解説してくれた(執筆:大場未知)

「巻きモノを、より元気に泳がせる竿です」

メタリックグリーンがシンボルのハードベイトスペシャルが並ぶロッドラックに、ひときわ目立つ赤いスレッド。これこそが今期大注目のグラスコンポジットモデルだ。バスマスターエリートに参戦する伊藤巧さん監修のエリートスペック2機種とハードベイトのスペシャリストの田辺哲男モデル1機種。『狙ったスポットに確実に入れ、ルアーに入力し、掛けて確実に獲る』という、ハードベイトにおける一連の動作を完璧にこなせるのがハードベイトスペシャルの真骨頂だ。この上なく完全体と思われるHBSにグラス素材を混入させる意図とはどんなところなのだろうか。「まず、僕が作ったモデルは『ルアーをより元気に泳がせる』がコンセプトです。既存のハードベイトスペシャルはトータルバランスに優れていて、とくにキャストアキュラシーがいいです。グラスコンポジットはどちらかというと、ハードベイトの性能を120%引き出せるモデルです。キャスタビリティーはカーボンのハードベイトスペシャルには劣りますけど、グラスロッドを使ったことがある人はむしろ投げやすいと思いますし、グラスとしてはかなり扱いやすいと思います」

No image

グラスコンポジットモデルは赤いスレッドが目印!

3モデルの特徴をそれぞれ紹介!

【HB660L-Gcバキュームバーサタイル】
バーサタイルバキュームが示すようにショットなどの小型クランクからシングルフックのスピナーベイトやチャターベイト系に生命感を与え、小さな吸い込みも掛ける仕様。
【エリートスペックHB610ML-Gcクランクベイトバキューム】
ステンレスフレーム&オールダブルフットのSicガイドを搭載することで、竿の曲がりとフッキングパワーを両立。とりわけクランクベイトに代表されるトレブルフック仕様のファストムービングと好相性。
【エリートスペックHB6100M-Gcブレードベイトバキューム】
伊藤「チャターベイト系を左右に元気よく泳がせるティップとシングルフックをバーブまでしっかり掛けられるバットパワーがある、メリハリの効いたモデルです」。こちらはブランクパワーを引き出すためにチタンフレーム&Sicガイドを採用。

No image

3本ともロードランナー・ボイス・ハードベイトスペシャル(ノリーズ)●写真上【HB660L-Gcバキュームバーサタイル】SPEC:全長=6フィート6インチ、適合ルアーウエイト=3/16~1/2オンス、適合ライン=8~14ポンド、価格=未定。発売時期=今夏予定 ●写真中央【エリートスペックHB610ML-Gcクランクベイトバキューム】 SPEC:全長=6フィート10インチ、適合ルアーウエイト=1/4~5/8オンス、適合ライン=10~16ポンド、価格=未定。発売時期=今夏予定 ●写真下【エリートスペックHB6100M-Gcブレードベイトバキューム】 SPEC:全長=6フィート10インチ、適合ルアーウエイト=3/81オンス、適合ライン=12~20ポンド、価格=未定。発売時期=今夏予定

No image

エリートスペックは用途とブランクの性質でガイドセッティングを変えるこだわりぶり

No image

ハードベイトスペシャルは数多くの名竿を輩出してきた人気シリーズだ。

施設等情報

ノリーズ釣果・施設情報ノリーズ公式サイト

施設等関連情報

釣りフェスティバル2023(終了しました)
■会期
2023年1月20日(金) 10:00~18:00
2023年1月21日(土) 9:00~17:00
2023年1月22日(日) 9:00~17:00
■会場
パシフィコ横浜 展示ホール
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

釣りビジョン マガジン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加