中居正広 4歳から続く急激な体調変化に戸惑い「こういう人が周りに誰もいなくって」突然の汗、手に震え

中居正広 4歳から続く急激な体調変化に戸惑い「こういう人が周りに誰もいなくって」突然の汗、手に震え

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

タレントの中居正広(48)が21日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11・00)に出演。幼少期から続いている体調の急激な変化について再び悩みを口にした。

No image

タレントの中居正広

2019年11月16日の放送回で「おなかがすき過ぎて脂汗が出て来ることがある」と明かし、対策としてパッと口に入れられるあめやチョコレートを番組収録中も近くに常備していたことを明かしていた中居。その後、ブドウ糖のサプリメントを本番前に口にするようにすると症状が改善したことにも触れていたが、今ではそれも効果がなくなったという。

「収録の1時間前にお弁当を食べても『腹減ったなー』じゃなくて、こう…なんていうんだろ。汗が出て来て。ちょっともう手が震えちゃうんですよ。で、水で何とかごまかしたりするんだけども。でも、あんまり水をがぶがぶ飲むとおしっこしたくなっちゃうから。う~ん。きょうはないね。お昼、そば食べて。でも、これテレビの収録だったら怪しいね」と話し、「それがもう始まって10分後に来るか、1時間後に来るか分かんなくて。本番前は本当にちょっと白いご飯入れとかないと、とか」と自分でも対処に困っていることを明かした。

中居の記憶によると、その症状の始まりは4歳のころ。親から「この道から先に行って遊んじゃダメだよ」と言われていた大通りが近所にあったが、ある時、友達に誘われ、その大通りを越えた先の公園で野球をして遊んだことがあったという。「この道またいじゃいけないしなーと思いながら行ったのね」と中居。「そしたら、野球やってる時に。初めての経験だったんですけど、おなかすいておなかすいて。いやー腹減ったな、晩御飯なにかな程度じゃないの。汗が出て、もう震えちゃって」と初めての経験を振り返り「自分の水とかも持ってないから野球やってる仲間たちに何も言うこともなくわんわんわんわん泣いて家まで帰って」と回想した。自宅に戻って「どうしたの?」「おなかすいたー」「おなかすいただけで泣いてんじゃないの!」という親との会話も再現。「卵かけご飯を4杯食べたのを覚えてる。子どもサイズの茶わんで一気に流し込むように」と続けた。

「今の感じとその頃を分析すると。この道路から行ってはいけませんよ。行ってしまった。これがバレてしまった時、怒られるんじゃないかなっていう大きな不安を抱くと同時の緊張でブワーッ!ってなっちゃったんじゃないのかなーって」。当時は子どもだったためお菓子などを食べて自分をだましだまし過ごして来たが、現在はテレビ番組収録の際に「いい意味での緊張もあるし、いい意味での不安もある」とし「不安っていうのは準備を重ねれば解消はされるんだけども、どう転ぶか分からない不安っていうのはいつも隣り合わせにあったりして。だからかなって」と自己分析した。

「最初はね、体がちょっと熱くなるのよ。ほわーって。その時はもう、これダメだなーって。手がくーってなるのも嫌だなって」と症状を説明した中居。「こういう人が周りに誰もいなくって」と切実さを訴えた。「腹減り病?」と笑いに変えようとしつつも「本当に困っちゃう、これ」とポツリ。「痛くもかゆくもないんだよな。ただ、汗と、わらわらわらーってしちゃうんだよね」とそのつらさを話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加