首位ミランに痛手。U-21ポルトガル代表FWが負傷で2週間離脱の見通し。ナポリ戦は欠場へ

首位ミランに痛手。U-21ポルトガル代表FWが負傷で2週間離脱の見通し。ナポリ戦は欠場へ

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/11/20
No image

【写真:Getty Images】

ミランに所属する21歳のU-21ポルトガル代表FWラファエル・レオンが太ももを負傷した。19日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

U-21ポルトガル代表に招集されたレオンはU-21オランダ代表戦に出場したが、その試合で右足の太腿を痛めた。同メディアによると、レオンは2週間ほど離脱する見通しだという。10日以内に詳しい検査を行う予定のようだ。

レオンは今季、ミランで公式戦10試合に出場し3得点3アシストを記録。セリエAで首位につけるミランの主力選手として活躍していた。現地時間22日には3位ナポリとの重要な一戦を控えているだけに、ミランにとってレオンの離脱は痛手と言えそうだ。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加