奈紗 ショット不調で13位後退、出場2戦連続Vへ前向く「上だけを見て頑張る」

奈紗 ショット不調で13位後退、出場2戦連続Vへ前向く「上だけを見て頑張る」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/16

◇米女子ゴルフツアー コグニザント・ファウンダーズ・カップ第2日(2022年5月13日 ニュージャージー州 アッパーモントクレアCC=6536ヤード、パー72)

No image

<コグニザント・ファウンダーズ・カップ第2日>18番でティーショットを放つ畑岡(AP)

畑岡奈紗ってどんな人?略歴、トリビアも!

3位から出た畑岡奈紗(23=アビームコンサルティング)は1バーディー、2ボギーの73とスコアを落とし、通算6アンダーで13位に後退した。先月のDIOインプラントLAオープンに続く出場2戦連続優勝を狙うが、首位とは8打差となった。63をマークしたミンジ・リー(25=オーストラリア)が通算14アンダーで首位に立った。

畑岡は「感覚のズレ」に苦しむ一日となった。インスタートの10番でいきなりティーショットを右に曲げる。ラフからの第2打もグリーンに乗らず、痛恨のボギー発進。フェアウエーキープ率100%だった前日とは別人のようだった。

中継局WOWOWのインタビューでは「朝の練習からショットの感覚が何か違うなと。それを探りながらのラウンドになってしまった」と吐露。チャンスにつけても思い切ってパットを打ち切れず、スコアを1つ落として2日目を終えた。

出場2戦連続Vが懸かる今大会。「チャンスはある。上だけを見て頑張りたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加