ソニー「BRAVIA CAM」視聴者不在時に輝度を落とす、ジェスチャー操作対応

ソニー「BRAVIA CAM」視聴者不在時に輝度を落とす、ジェスチャー操作対応

  • AV Watch
  • 更新日:2022/11/25
No image

「BRAVIA CAM」(CMU-BC1)取り付けイメージ

ソニーは24日、薄型テレビ・ブラビアの2022年発売モデルに「BRAVIA CAM」との連携機能を強化するソフトウェアアップデートを開始した。対象となるのはA95K/A90K/A80K/X95K/X90K/X85K/X80K/X80WKシリーズ。テレビの前に視聴者がいない間、輝度を落として消費電力を抑える機能や、テレビに向かってジェスチャーをするだけでリモコンいらずで操作できる機能が追加される。

A95Kシリーズではブラビアカムが付属し、A90K/A80K/X95K/X90K/X85K/X80K/X80WKシリーズは別売のブラビアカム「CMU-BC1」が必要。

BRAVIA CAMを使ったジェスターコントロール:音量操作

BRAVIA CAMを使ったジェスターコントロール:早送り・早戻し

また、2021年モデル、2022年モデル(2022年11月現在)が、「ブラビアみまもり機能」に対応。テレビとLINEを連携させて、スマホからテレビの使用状況を確認したり、テレビへメッセージを送信したり、テレビの視聴制限や制限解除ができる機能。

アップデート後、[保護者による制限]に[ブラビアみまもり]が追加される。なお、連携にはスマートスピーカー連携同様、ソニーのホームエンタテインメント&サウンド製品向けクラウドサービスアカウントを使用する。

その他、軽微な不具合も改善される。

山崎健太郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加