【MLB】大谷翔平は「再び軌道に乗った」 米メディア指摘、投手としての“激変ぶり”

【MLB】大谷翔平は「再び軌道に乗った」 米メディア指摘、投手としての“激変ぶり”

  • フルカウント
  • 更新日:2021/06/11
No image

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

5日のマリナーズ戦ではメジャーで初となる無四球投球

エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)の敵地ダイヤモンドバックス戦で今季9試合目の先発マウンドに上がる。10日(同11日)は試合が無くオフ。休養を挟み、自身3勝目を目指す。

今季ここまで投手として8試合に先発し、2勝1敗、防御率2.76と上々の投球内容を見せている大谷。開幕直後は制球に苦しむところ多かったが、前回登板だった6月4日(同5日)のマリナーズ戦では無四球。2桁10個の三振を奪っていた。

米メディア「CBSスポーツ」は、この投手・大谷の制球力の改善に着目。「MLBのトレンド:ショウヘイ・オオタニは制球を見つけた」と題し、この激変ぶりを伝えている。

大谷が先発登板した試合で無四球だったのは、メジャー4年目で初。ジョー・マドン監督も「彼は自信に満ち溢れ、自分のリリースポイントを掴んでいる。速球の制球はますます良くなっており、それがスプリットやカッターにも相乗効果を与えていると思う」と絶賛していた。

開幕後の4試合は84人の打者に対して19四球を与えたものの、その後の4試合では92人の打者に対して7四球。四球率は22.6%から7.6%へと大きく減少している。投球に占めるストライク率も改善。今季初登板だった4月4日(同5日)のホワイトソックス戦ではゾーン内投球は約46%だったが、そこから右肩上がり。マリナーズ戦では約56%となった。

特に改善の傾向が強いのがストレートの制球力

中でもストレートの制球が安定してきている。「CBSスポーツ」の記事では、今季初めはストレートのゾーン内投球率が40%を切っていたものの、直近4試合では60%を超えていると指摘。大谷は球界で上位20位以内に位置する平均球速95.5マイル(約153.7キロ)を誇り「もしオオタニが速球をストライクゾーンに投げることができれば、打者はその球速を意識しなくてはならなくなり、スライダーやスプリットがより効果的になる」と、その相乗効果を認めている。

メジャー1年目の10月に右肘の靱帯再建手術を受けた大谷。トミー・ジョン手術は復帰まで長い時間を要するが、復帰後も状態に浮き沈みがあるとされる。そして、「CBSスポーツ」では「トミー・ジョン手術後に、一番回復が遅くなりがちなのがコントロールだ」とし「オオタニがコントロールを取り戻すのに40イニングほど必要としても不思議なことではない」としている。

投打二刀流でプレーする大谷の場合、打者として試合に出場しながら、投手としてのリハビリをこなさなければならず。その過程は普通とは違う。そのため、「普通ではないリハビリをこなさなければならず、手術後にコントロールを取り戻すのに時間が必要だったとしても理解できる。そして今、オオタニは再び軌道に乗ったように思える」とも指摘されている。

疲労蓄積が懸念される大谷の投打二刀流の出場。下位に低迷するエンゼルスのチーム状況を考慮した上で記事では「オオタニは若くて強いが、エンゼルスはどこかのタイミングで彼を少し抑えなければならないだろう。特に彼らがポストシーズン進出が見込めない状態を続けるならば。失われた年の中で、彼をプッシュする理由は何もない」と指摘。プレーオフ進出の可能性が低くなれば、大谷に無理をさせるべきではない、と警鐘を鳴らしていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加