優勝王手の川崎F谷口が1発退場、大分に先制許す

優勝王手の川崎F谷口が1発退場、大分に先制許す

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

大分対川崎F 前半、ペナルティーエリア内でファウルし、一発レッドで退場する川崎F・DF谷口(撮影・狩俣裕三)

<明治安田生命J1:川崎F-大分>◇第28節◇21日◇昭和電ド

優勝に王手をかけて臨んだ川崎フロンターレの主将DF谷口彰悟が、前半34分に1発退場となった。

ロングボールに反応した大分MF野村に裏を取られ、ペナルティーエリア内で引っ張り倒してしまった。得点機会を阻止。このプレーでレッドカードを提示された。

大分は野村が自らPKを決めて先制に成功した。

キャプテンマークはMF大島僚太に引き継がれた。

川崎Fは1人少ない状況で、優勝をつかみ取れるか-。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加