「大雪海のカイナ」メインビジュアルや東亜重工ロゴも登場する本予告公開 主題歌はヨルシカとGReeeeN

「大雪海のカイナ」メインビジュアルや東亜重工ロゴも登場する本予告公開 主題歌はヨルシカとGReeeeN

  • アニメハック
  • 更新日:2022/11/25
No image

メインビジュアル(C)弐瓶勉/大雪海のカイナ製作委員会

2023年1月11日からフジテレビのアニメ枠「+Ultra」ほかで放送を開始するファンタジー作品「大雪海のカイナ」の本予告、メインビジュアルなどが公開された。主題歌アーティストも発表されている。

同作は、「シドニアの騎士」「BLAME!」でもタッグを組んできた漫画家・弐瓶勉氏とポリゴン・ピクチュアズによる大型プロジェクト。「大雪海」により大地が失われつつある世界を舞台に、遥か上空に広がる「天膜」に暮らす少年・カイナ(CV:細谷佳正)と、大雪海に覆われた地上の厳しい環境下で生きる王女・リリハ(高橋李依)が、世界を変える壮大な冒険を繰り広げる。12月9日には、「月刊少年シリウス」(講談社刊)で連載されている漫画版の単行本第1巻が発売される。

No image

(C)弐瓶勉/大雪海のカイナ製作委員会

No image

(C)弐瓶勉/大雪海のカイナ製作委員会

本予告では、美しく穏やかな天膜の世界でカイナとリリハが出会い、少しずつ交流を深めていく姿や、やがて訪れる壮大な冒険の始まりが描かれる。リリハの弟でやんちゃな性格のヤオナ(村瀬歩)や、黒き鎧をまとうバルギア国の謎多き士官・アメロテ(坂本真綾)といったメインキャラクターたちもボイス付きで多数登場し、弐瓶氏の作品ではおなじみの企業「東亜重工」のロゴの存在も確認できる。メインビジュアルは、カイナとリリハを中心にメインキャラクターたちが集結したイラストとなっている。

No image

(C)弐瓶勉/大雪海のカイナ製作委員会

オープニング主題歌「テレパス」は男女2人組ロックバンド「ヨルシカ」が、エンディング主題歌「ジュブナイル」は男性4人組ボーカルグループ「GReeeeN」が担当する。両楽曲ともに、本予告内で音源の一部が披露されている。

放送直前の23年1月7日に、東京・TOHOシネマ新宿で完成披露上映会が開催されることも決定した。5.1ch音響でのスクリーン上映を行うほか、細谷、高橋、村瀬によるトークショーも実施される。チケット詳細は後日発表。

以下に主題歌アーティストからのコメントを掲載する。

【ヨルシカ(オープニング主題歌)】

No image

テレパスという曲を書きました。無私の共感はテレパシーたり得るという曲です。
子供のころはたくさんファンタジー小説を読みました。空想的でワクワクする世界が好きです。シナリオを読んで同じワクワクを感じました。また、映像も面白いです。3D表現の過渡期にある現代で、2Dとの融合を探求しながら独自のアニメーション表現を目指している製作陣の姿勢に好感を持ちました。新しいものを作ろうとしている人も好きです。良い曲になっていることを願っています。

【GReeeeN(エンディング主題歌)】

No image

いま自分が存在する場所、自分で選んだのか、気がついたらそこにいたのか。
もしそこではない場所へと行くなら、闇の中だからこそ輝くシリウスを目指すように、空を見上げ歩き続ける。気がつけば夜明けを迎える。
闇を抜ける時間に費やした涙は、いつかきっと、明日の自分を変えるきっかけへと繋がるはずです。
そんな想いを「ジュブナイル」に、そして「ジュブナイル」な方々に渡したいと思いこの曲を作りました。
さらに原作の弐瓶勉さんは、僕たちの結成の地・福島県のご出身ということもご縁を感じております。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加