「セーラームーンCrystal」声優・よのひかりさん死去、家族がTwitterで報告 山口勝平、関智一、井上和彦らも追悼

  • アニメ!アニメ!
  • 更新日:2020/11/20

声優・よのひかりさんが、2020年11月15日に死去。家族がよのさんのTwitterを通じて11月20日に報告し、声優の山口勝平、関智一、井上和彦らが追悼のコメントをしている。

よのさんは『美少女戦士セーラームーンCrystal Season III』といったアニメ作品から、『プラダを着た悪魔』などの洋画吹替まで幅広く活動。2020年は『BURN THE WITCH』のナレーションなどを務めていた。

11月20日、よのさんのTwitterが更新。「皆様へ よのひかりの家族です。よのは病気療養中でしたが、2020年11月15日に永眠致しました。声の仕事を愛し抜いた人生でした。生前よのを応援して下さったすべての皆様に心より感謝申し上げます。よのひかりの声は作品の中で生き続けます。どうか作品と共によのの声を忘れないでいてあげてください」と、よのさんの死去が報告された。

このツイートに対して、山口勝平は「ご一緒した時はいつも優しく楽しく接してくださってありがとうございました。ご冥福をお祈りします」、関智一は「よのさん、共演した際はお世話になりました。心より御冥福をお祈り致します」、井上和彦は「よのちゃん、気持ちが追いつかない・・・。しばらくうちの事務所でも頑張ってくれていましたね。大きな愛に包まれた優しい声に癒しを沢山いただきました」と綴った。

そのほか茶風林、斉藤貴美子、南央美ら大勢の声優仲間からも追悼コメントが届いている。

CHiRO★

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加