小泉訪朝から18年 加藤官房長官「進展なく忸怩たる思いだ」

小泉訪朝から18年 加藤官房長官「進展なく忸怩たる思いだ」

  • 産経ニュース
  • 更新日:2020/09/17

拉致問題担当相を兼務する加藤勝信官房長官は17日の記者会見で、北朝鮮による拉致被害者5人の帰国につながった小泉純一郎元首相の訪朝から18年を迎えたことについて「具体的な進展がなかったことは本当に忸怩(じくじ)たる思いだ」と述べた。
 加藤氏は「小泉訪朝の時から1人も日本に戻って来ていない。その間に子供の帰国を待ちながら亡くなられた方もたくさんおられる。一刻一刻と時が経過する中で皆さんの高齢化も進ん

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加