「BitSummit」会場限定、任天堂ブースで冊子「Indie World通信 総集編」を配布中【BitSummit2022】特別ステッカーがもらえるチェックインカウンターも登場

「BitSummit」会場限定、任天堂ブースで冊子「Indie World通信 総集編」を配布中【BitSummit2022】特別ステッカーがもらえるチェックインカウンターも登場

  • GAME Watch
  • 更新日:2022/08/06

【BitSummit X-Roads】

開催日:8月6日・7日

会場:京都市勧業館「みやこめっせ」 3階第3展示場

No image

「BitSummit X-Roads」の任天堂ブースにて、会場限定冊子「Indie World通信 総集編」が配布されている。

「BitSummit X-Roads」での任天堂のブースは、会場の入り口すぐに位置し、大きさも最大規模と会場の中でもひときわ目立っている。出展タイトルは「RPGタイム!~ライトの伝説~」、「アイドルマネージャー」、「スーパー野田ゲーWORLD」などとなっており、実際にプレイ可能だ。

No image

任天堂ブース

任天堂ブースで注目したいのは、会場限定の冊子「Indie World通信 総集編」が配布されていること。「Indie World通信」は全国のTVゲーム取扱店で配布されている冊子「ニンテンドーマガジン」の1コーナーであり、「総集編」ではこれまでの「Indie World通信」がまとめられたものとなっている。

またブースにはチェックインカウンターも登場。ニンテンドーアカウントのQRコードでチェックインすると、特別なステッカーももらえる。また入場者全員向けに、「Indie World」と任天堂のロゴが描かれたエコバッグが会場入口で配布されている。インディーゲームファン、任天堂ファンは、ぜひチェックしていただきたい。

No image

「Indie World」エコバッグ

安田俊亮

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加