リズム崩れた?巨人 サンチェスの金のネックレスが“退場”直後に適時打浴びる

リズム崩れた?巨人 サンチェスの金のネックレスが“退場”直後に適時打浴びる

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

4回、マウンドでサンチェスはネックレスを主審に投げ渡す(撮影・山口登)

「オリックス-巨人」(9日、京セラドーム大阪)

巨人・サンチェスの金のネックレスが“退場”となった。

0-1の四回、2死。打席には杉本で、カウント2ボール。サンチェスはそれまで着用していた金のネックレスを外してポケットにしまおうとしたが、球審の土山審判員がボールボーイを呼んでベンチへ持って行くよう指示した。

その後、杉本にはフルカウントから二塁打を打たれ、伏見には適時打。リズムを崩したのか、2点目を失った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加