猪木VS馬場 三途の川で“夢想”時間無限制一本勝負ダァー!10・21生前葬

猪木VS馬場 三途の川で“夢想”時間無限制一本勝負ダァー!10・21生前葬

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/17
No image

ファイティングポーズを決めるアントニオ猪木氏

元プロレスラーで参院議員のアントニオ猪木氏(74)が14日、都内のホテルで会見を開き、プロデューサーを務める10月21日の格闘技イベント「ISM」の第2回大会(両国国技館)で自身の生前葬を行うことを発表した。「挑戦を受ける時期が来た」と永遠のライバル、故ジャイアント馬場と三途の川で戦うことを夢想した。

燃える闘魂が生前葬-。猪木氏は開催の理由を「思いついた話」と言いながらも、今年に兄弟2人を亡くし、自身も11日に北朝鮮から羽田空港に帰国した際に息切れを起こしたことなどを挙げ、「そろそろ迎えが来てもいいかな」という心境であることを明かした。

さらに「いつも私が馬場さんに挑戦していたんですが、いろんな理由をつけて逃げ回っていた。あるとき知らせが入って、『挑戦を受ける。三途の川で待っている』と。今回は受ける時期が来たのかな」。99年に死去した永遠のライバル、ジャイアント馬場さんとの対戦を夢想した。

会見の最後には「オレは100%勝てる自信があります」と“必勝”宣言。「なぜかと言えば、(霊には)足がないから。(馬場さんの得意技)16文キックをくわないで済む」と話して笑いを誘った。生前葬にはスタン・ハンセン、タイガー・ジェット・シン、ドン・フライ、藤原喜明ら猪木氏とが戦った人物らが参列するという。

また、「ISM」第2回大会の全対戦カードも発表され、4選手参加のトーナメント「カールゴッチ杯」に6月にIGFを離脱した鈴川真一が出場。メインイベントでは元IWGPヘビー級王者スコット・ノートンと元K-1グランプリ覇者ピーター・アーツが対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
拳四朗“秘密兵器”で初防衛だ!元同級王者ゲバラと対戦決定
WBC王者の拳四朗が初防衛戦にマツコ・デラックスを招待?!
リオ・ファーディナンドはなぜプロボクサーに転身するのか?「俺はもう一度あの世界に...」
衆院解散でボクシング・村田諒太が大ピンチ!? 22日投開票なら“因縁の再戦”視聴率ダダ下がりへ
田中恒成、両目の眼窩底骨折だった!年内の統一戦は白紙
  • このエントリーをはてなブックマークに追加