最新ランキングをチェックしよう
友綱審判長“珍裁き”の場内説明に苦戦「迷ったよ」

友綱審判長“珍裁き”の場内説明に苦戦「迷ったよ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/01/11

取組後に確認の審議をする審判団(撮影・中島郁夫)<大相撲初場所>◇4日目◇11日◇東京・両国国技館
 大関稀勢の里(30=田子ノ浦)と前頭松鳳山(32=二所ノ関)の一番で“珍裁き”があった。
 相撲は松鳳山が右からハズ押しで攻め、稀勢の里の左を封じ土俵際に追い詰めた。最後は稀勢の里が回り込み、左から逆転の突き落とし。稀勢の里の足は完全に残っており、松鳳山の体が先に落ちたのは明白だった。
 ところが

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稀勢の里ヒヤリ 眉毛の左端裂傷「ケガに入らない」
【スポーツ】大相撲の高安は夏場所で大関になれるか?
琴奨菊、大関復帰へ悲壮な決意「体壊れてもいい」
王者・高山 東関部屋 朝稽古見学「相撲もボクシングも仕留めるときは一緒」
稀勢の里が大相撲を日本人の手に戻してくれるという期待への「違和」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加