本田圭佑は代表で「過去の遺物」と米指摘 クラブW杯は「価値を証明するチャンス」

本田圭佑は代表で「過去の遺物」と米指摘 クラブW杯は「価値を証明するチャンス」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/12/07
No image

クラブW杯に出場するパチューカ本田に米メディア注目

北中米カリブ海王者のパチューカFW本田圭佑は、FIFAクラブワールドカップ(W杯)に参戦する。9月のW杯アジア最終予選を最後にハリルジャパンから外れているレフティーについて、海外メディアは日本代表での現状を「過去の遺物」と厳しい視線を送る一方、「日本に価値を証明する完璧なチャンス」とその活躍に注目している。米テレビ局「FOXスポーツアジア版」が報じた。

アブダビを舞台に行われるクラブ世界一決定戦にアジア王者浦和レッズ、オークランド・シティDF岩田卓也(初戦でアルジャジーラに0-1敗戦)、そしてパチューカ本田ら参戦。同記事では「国の誇りを一方、日本中が最も興味を持って見つめるのは北中米カリブ海を代表する一人の男かもしれない」と言及している。

「彼が中東でいかに活躍するか。それが日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチが来年夏のロシア・ワールドカップ行きの切符を手渡すかどうかの決定に大きく左右する」

記事では今季ACミランからメキシコリーグに移籍した本田にとって、クラブW杯での活躍が代表復帰に大きな影響を与えると指摘している。

11月のブラジル、ベルギー相手の欧州遠征では本田、ドルトムントMF香川真司、レスター・シティFW岡崎慎司ら代表を長らく牽引してきたトリオが代表から外された。ベルギー、ブラジルという強豪2カ国相手に3人を「温存」する不可解さを指摘。「公平に言えば、ハリルホジッチが二大決戦で3人のキープレイヤーを排除した本当の理由を想像するとするなら、こうだ。それは今や過去の遺物ということだ」と 記事ではベテラントリオの置かれた厳しい現状を分析している。

本田を称賛「ハードなランと知性的な動き」

「リーガMXは明らかにイタリアのセリエAと同じレベルではないが、下手なリーグというわけでもない」と本田のプレーするメキシコリーグのレベルを分析。メキシコ代表の強さについても評価した。

また本田は今季公式戦16試合6ゴールで、ベラクルス戦では華麗な4人抜きゴールも決めており、「トレードマークのハードなランニングと知的な動き、息の根を止めるフィニッシュを前面に披露している」と称賛されている。

9日のクラブW杯初戦でアフリカ王者ワイダッド・カサブランカ(モロッコ)と激突するパチューカ。本田にとってもキャリアの集大成と意気込む来年のロシアW杯までアピールのチャンスは少ない。大一番での強さこそが本田の真骨頂。日本代表のエースの意地にかけても、過去の遺物で終わるわけにいかないはずだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Instagram、日本で最も人気だったハッシュタグは?<2017年ハイライト>
レアル逆転勝ちで決勝進出!Cロナ同点&ベイルV弾
レアルがアルジャジーラに大苦戦 先制許し、あわや2失点目も...C・ロナウド&ベイル弾で逆転勝利
FW不在の緊急事態...ケルン、超守備的姿勢でバイエルンに挑むも後半の1失点で13敗目
クラブW杯準決勝、レアルのスタメン発表! C・ロナウドら先発、主将ラモスは負傷欠場

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加