12日未明に開幕のプレミアリーグ、今季から禁止される“デザイン”とは...?

12日未明に開幕のプレミアリーグ、今季から禁止される“デザイン”とは...?

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/08/11
No image

12日未明(日本時間)のアーセナルレスター・シティ戦で開幕を迎えるプレミアリーグだが、今季から新たなスタジアムルールが追加となり、ピッチ内の芝に模様やデザインを施すことが禁止されている。

公式サイトは「この変更はUEFAのレギュレーションに合わせたもので、プレミアリーグのグラウンドキーパーと相談した結果だ」と説明している。

発表によると、今季から許可されるのは「伝統的な様式の白い平行線」のみ。それらの模様は、副審がオフサイド判定を下す際に手助けとなっているという。また、近年あった「多様なデザイン」の例としてはレスターとサウサンプトンが挙げられている。

レスターは昨季の最終節・トッテナム戦で、本拠地キングパワースタジアムのピッチにクラブロゴのキツネをプリント。その際にはベルギーのグラウンド整備会社と新たに契約したとされていたが、複雑なデザインはたった1試合で見納めとなった。

サウサンプトンもこれまで、多重や円形やチェック模様など、さまざまなデザインでセントメリーズ・スタジアムのピッチを彩ってきたが、今季は落ち着いた模様だけになりそうだ。

●プレミアリーグ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レスター岡崎が開始50秒でゴール! こぼれ球を押し込み2試合連発
香川、肩の状態は「試合に入れば恐れはない」 W杯予選豪州戦については「今はそこしか目標はない」
岡崎慎司が開始1分で先制点!キャリア初の開幕2戦連続ゴール
Cロナウドが怒り爆発。退場時スタンドめがけ「そうやってお前らは...」
夏競馬恒例「降級制度」が再来年廃止に、その行末とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加