チャーター機墜落事故で帰らぬ人となった元柏のクレーベルが残したラストメッセージ

チャーター機墜落事故で帰らぬ人となった元柏のクレーベルが残したラストメッセージ

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2016/11/30
No image

2005年に柏でプレーしていた際には10番を背負いトップ下などで活躍したクレーベル。 (C) SOCCER DIGEST

現地11月28日、南米コロンビア中部メデジン近郊で起きたチャーター機墜落事故。これまでに71人の死亡が確認されている。

その犠牲者の大半が、コパ・スダメリカーナ杯の決勝(アトレチコ・ナシオナル戦)のため移動中だったブラジル1部クラブのシャペコエンセの選手たち。2005年に柏レイソルでプレーしていたクレーベル・サンターナや2013年のJ2得点王のケンペス(当時ジェフ千葉)、シャペコエンセを率いていたカイオ・ジュニオール監督(2009年にヴィッセル神戸を指揮)などJリーグにゆかりのある人物も帰らぬ人となった。

スポーツ専門メディアの『ESPNブラジル版』は、この事故を受けて、シャペコエンセのキャプテンだったクレーベルの事故直前の言葉を紹介している。

2005年に柏でプレーし、2007年から2010年の3シーズンに渡って、スペインの強豪A・マドリーでもプレーしていたクレーベルは、2015年にシャペコエンセに加入。その闘争心と牽引ぶりから「クラブのシンボル」と高い評価を受けていた。

『ESPNブラジル版』の追悼特集では、「このMFは、シャペコエンセでの2シーズン目を終えようとしていた。今シーズンは65試合で3得点。チームで最も経験を持つ存在というだけでなく、彼はキャプテンだった。コパ・スダメリカーナ杯を真っ先に掲げるはずだった」とクレーベルとの別れを惜しんだ。

そして、クレーベルがフライト直前に自身のインスタグラムに投稿したメッセージも、特集には綴られていた。

「どんな人生でも僕は生きていく。そしてどんな人間も同じように愛するだろう」

飛行機の座席に座った写真付きで投稿されたメッセージには、ブラジル、日本、スペインであらゆるクラブを渡り歩いたクレーベルの生き様がにじみ出ていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
墜落事故チーム タイトル獲得
シャペコエンセでのプレー希望。”アイスランドの英雄”が名乗りを上げる
フンメルス、元チームメート・ムヒタリアンの復活を確信「プレーさせたら分かる」
「トップでの試合出場に毎に5万ユーロ」レアル17歳神童の契約内容が暴露
本田、香川、清武... 1月にハリルの“移籍のすすめ”を実現させるのは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加