ドウェイン・ジョンソン、世界で最も稼いだ俳優に

ドウェイン・ジョンソン、世界で最も稼いだ俳優に

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2019/08/23

ドウェイン・ジョンソンが、フォーブス誌が発表した2019年度世界で最も稼いだ俳優に輝いた。ドウェインは、2018年6月1日から今年6月1日までの期間に額面で8940万ドル(約95億円)を稼ぎ、並み居るハリウッドスターを抑えて1位になった。

No image

最近、ローレン・ハシアンと結婚したドウェインは、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」の興行収入の最大15%を受け取っており、また、今年12月公開予定の「ジュマンジ/ネクスト・レベル」から2350万ドル(約26億円)、HBOのドラマ「ballers / ボーラーズ」の1話あたりの出演料70万ドル(約7500万円)のほか、服や靴、ヘッドホンなどアンダー・アーマーとのコラボによる巨額のロイヤルティーの収入もある。またクリス・ヘムズワースが7640万ドル(約83億円)で2位、ロバート・ダウニー・Jr.が6600万ドル(約71億円)で3位にそれぞれ入るなど、2人が共演するマーベル作品「アベンジャーズ/エンドゲーム」が大きく寄与したようだ。他にも、ブラッドリー・クーパーやクリス・エヴァンス、ポール・ラッドらが6位、8位、9位と、「エンドゲーム」のキャスト陣の健闘が目立つ結果となった。さらに「アベンジャーズ」シリーズや「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズでロケット役の声優を務めるブラッドリーは、「アリー/ スター誕生」からも多くの収入を得ており、アダム・サドラーと6位を分かち合うかたちとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
9月20日の注目映画第1位は『アド・アストラ』
バナナマン設楽、123億円落札のバスキア絵画に大興奮!
女子が実写化して欲しい『週刊少年ジャンプ』の漫画ランキング発表!『鬼滅の刃』?『約束のネバーランド』?それとも?
ネタバレなし:三谷監督の新境地!? 『記憶にございません!』はただのコメディではない! あまりにもリアルで「現実」なのか「非現実」なのか区別できないYO
一番愛されているディズニー映画は? 「中間発表」TOP3はプリンセス登場作品が独占
  • このエントリーをはてなブックマークに追加