小平、大逆転で米ツアー初V!松山に「近づけた」米本格参戦へ/米男子

小平、大逆転で米ツアー初V!松山に「近づけた」米本格参戦へ/米男子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/04/17

RBCヘリテージ最終日(15日、米サウスカロライナ州ヒルトンヘッドアイランド、ハーバータウンGL=7099ヤード、パー71)一気に海外進出だ! 首位に6打差の12位から出た小平智(さとし、28)=Admiral=が7バーディー、2ボギーの66と伸ばし、通算12アンダーで並んだ金シウ(22)=韓国=とのプレーオフも制して米ツアー初優勝を果たした。日本選手の米ツアー制覇は松山英樹(26)=LEXUS=以来5人目で、米ツアー参戦15戦目での優勝は日本勢最速。2019~20年シーズンまでの米ツアー出場資格も獲得した。

青木功が1983年に切り開いた“海外制覇”の歴史に、小平が名を刻んだ。日本選手では史上5人目の快挙。誇らしげに、赤いタータンチェックの優勝ジャケットに袖を通した。

「(米ツアーは)目指していた舞台。こんなに早く優勝できるなんて思っていなかった」

前週の海外メジャー第1戦「マスターズ」に初出場で28位と健闘。今大会は第1日に82位と出遅れた。ここから徐々に調子を上げ、この日は首位のイアン・ポールター(42)=英国=に6打差の12位で最終組の5組前から出た。7バーディー(2ボギー)を量産し、ホールアウト時点で単独2位。さらに終盤単独トップに立っていた金シウも崩れて、プレーオフに突入した。

3ホール目の17番(パー3)。ティーショットをピン左7メートルにつけると、先にバーディーパットを沈めた。渾身のガッツポーズ。金がバーディーパットを外して、大逆転劇を完結させた。米ツアー15戦での初優勝は、26戦目だった松山も超えて日本勢最速記録だ。

「最後のパットを決められて、気持ちがいい。今までの優勝で一番、頭が真っ白になった」

東京都出身の小平はジュニア時代から好成績を残し、日大在籍時の2010年12月にプロ転向。13年の国内メジャー「日本ツアー選手権」で初Vを挙げるなど通算6勝。先輩プロからは“いじられる”存在で、尾崎将司や谷口徹からも指導を受けて昨季は賞金ランキング2位。人気、実力ともに急上昇中だ。

もともと海外志向が強い。何度も「海外でプレーしたい」と口にしてきた。今大会は1969年の第1回を故アーノルド・パーマーが制し、歴代覇者にジャック・ニクラウス(78)やトム・ワトソン(68)らが名を連ねる。今年は第50回の記念大会。「すごい選手ばかり。自分の名前を残せたのはうれしい」と素直に喜んだ。

殊勲の勝利で多くのものを手にした。まずは賞金。優勝により120万6000ドル(約1億2904万円)を得て、前週「マスターズ」と合わせると128万2450ドル(約1億3722万円)。日本ツアーの賞金ランキングに今大会は加算されないが、単純比較では2週間で昨季賞金ランキング3位(C・キムの約1億3200万円)を上回った。同2位だった自身の約1億6100万円に早くも近づいた。

そして、米ツアーの2季後までの出場資格と来年の「マスターズ」出場権も獲得。15日付最新世界ランキングでは、前週46位から自己最高の27位に急浮上だ。

「少し(松山)英樹に近づけたかなと思う。これをきっかけに、メジャーで優勝争いできるような選手になれるよう頑張っていきたい」

主戦場を米ツアーに移す意向を示した小平は、17日に凱旋(がいせん)帰国する。日本男子にとって夢の海外メジャー初制覇。達成するのは松山か、小平か-。

★小平の今後

17日にも帰国。19日開幕の日本ツアー「パナソニックオープン」(大阪・茨木CC西C)は「左肩痛」のため欠場することを16日、明らかにした。その翌週の「中日クラウンズ」(26~29日、愛知・名古屋GC和合C)には出場エントリーしている。米ツアーでの次戦は、“第5のメジャー”と呼ばれる「プレーヤーズ選手権」(5月10~13日、米フロリダ州)を目指すとみられる。

★小平のマスターズVTR

風の読みが難しいオーガスタでショットがさえ、第1日に日本勢最上位の16位で好発進。第2日こそスコアを落としたが23位で予選を突破した。第3日は16番(パー3)であわやホールインワンのベタピンショットを披露。最終成績は通算イーブンパーで28位。妻の古閑が応援に駆けつけ、開幕前日の恒例行事「パー3コンテスト」では古閑がキャディーを務めた。

データBOX

◎…28歳の小平は米ツアー15戦目で初優勝。過去の日本勢では青木功が40歳時に53戦目、丸山茂樹が31歳時に69戦目、今田竜二は31歳時に108戦目で初優勝した。松山は26戦目で、当時22歳だった。

小平智(こだいら・さとし)という男

★生まれ 1989(平成元)年9月11日生まれ、28歳。東京・三鷹市出身。

★サイズ 1メートル72、70キロ。

★ゴルフ歴など 10歳からレッスンプロである父・健一さんの影響で始め、中学2年から本格的にプロゴルファーを目指す。駒場学園高をへて日大を2年で中退し2010年プロ転向。

★愛妻 女子プロゴルファーの元賞金女王・古閑美保と昨年結婚。「34(ミホ)」の日(3月4日)に婚姻届を提出した。「ミホ」「サトシ」と呼び合う。

★子供は… 現在予定はなし。小平は海外を転戦、妻の古閑も日本で仕事に追われる日常で、古閑は「相手がいないから…」とぼそり。

★趣味 スポーツ全般、マージャン。

★マイブーム? 写真共有アプリ「インスタグラム」に頻繁に写真などを投稿。積極的にファンサービスを行う。

★好きな選手 タイガー・ウッズ。幼い頃から憧れで、夢はウッズとの優勝争い。米ツアーでは写真を撮影してもらうこともしばしば。

★好きな食べ物 肉料理。特に焼き肉。

★口癖 ガンガン(いきたい、攻めるなど)。

No image

小平智・米ツアー全成績

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
LPGAメディヒール選手権 畑岡「ベストを尽くす」、上原「我慢強いプレーが必要」
痛恨ダボ...石川遼、高さ2メートルの壁に「打ちのめされた」/国内男子
際立つ小平智の存在感「米国仕込み!」の喝采も
ゴルフ人口拡大につながるか?18ホールをすべてPAR3でラウンドする新しいゴルフ『Game54』
前半終了 石川遼は2打差3位浮上 尾崎将司は棄権
  • このエントリーをはてなブックマークに追加