最新ランキングをチェックしよう
小泉進次郎がどんどん過激になってきた「ある事情」

小泉進次郎がどんどん過激になってきた「ある事情」

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/12/12

人気がうなぎ登りになればなるほど、進次郎をやっかむ議員は増える。男の嫉妬だ。だからこそ、圧倒的実力を見せつけねばならない。同じ「元総理の息子」を女房役に得て、進次郎はますます過激だ。
菅が「一皮剥けたな」
いま707人いる国会議員の中で、もっとも国民的な人気を持っている男・小泉進次郎は、腹の底で何を考えているのか。
肉声を克明に記録した『小泉進次郎と福田達夫』(文春新書)で、著者・田崎史郎氏(時事

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
電波改革が初めて施政方針演説入り:安倍政権は“本気”だ
鈴木哲夫の政界インサイド「立憲幹部が『野党は自分たちが再編する』激白」
百田尚樹「(沖縄・米軍ヘリ機材落下は)全部嘘」、記者に「娘さんは中国人の慰み者」
野党の重複質問「人工知能ではじいて」 自民・小泉進次郎氏「国会改革国会」訴え
病床削減に向けて県の権限は強まるか?-非稼働病床を中心に今後の方向性を考える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加