「4Kビエラ」と接続 「新4K衛星放送」が楽しめるチューナー

「4Kビエラ」と接続 「新4K衛星放送」が楽しめるチューナー

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/10/12

パナソニックは、2018年12月1日にスタートする「新4K衛星放送」対応の4Kチューナー「TU-BUHD100」を2018年10月中旬に発売する。

No image

4Kビエラのリモコン1つで視聴操作が可能

BS4K/110度CS4Kチューナーを搭載し、同社製4Kテレビ「4Kビエラ」に接続することで、従来と比べ高解像度(3840×2160ピクセル)で高精細、色彩豊かでダイナミックなコントラスト表現の「新4K衛星放送」を視聴できる。

表現可能な色が飛躍的に広がった「BT.2020」規格に対応し、より鮮やかな色彩を楽しめる。階調表現も8bitから10bitに進化し、きめ細やかで豊かな色彩表現を実現。また、明暗差をよりダイナミックに表現できる高輝度化技術「HDR(放送波用HLG方式)」にも対応する。動きの情報量がアップし、スポーツなど動きの速い映像も滑らかに表現可能だ。

連携機能「ビエラリンク」により、「4Kビエラ」の電源のオン/オフ連動や、リモコン1つで選局などの視聴操作が行える。

価格はオープン。<J-CASTトレンド>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロジクールの有線マウス最上位「G502 HERO」が18日発売
入場規制があった旭化成エレクトロニクス、超低消費電力系アイテム...CEATEC 2018
最近のものってこんなにすごいの? 有能すぎる「家計簿アプリ」3選
ドコモ、名刺サイズの「カードケータイ」発表
Windows 10 October 2018 Updateでできるようになった9のこと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加