今矢氏明かす「敵地でも勝ち点3狙い」豪州の戦い方も“暴露”

今矢氏明かす「敵地でも勝ち点3狙い」豪州の戦い方も“暴露”

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

31日のW杯アジア最終予選で、日本分析担当を務める今矢氏はオーストラリアの戦い方の一端も明かした。「ポステコグルー監督に“日本戦は引き分けOKだよね”と聞いたら“1ポイントを取るゲームプランはない。3ポイントを取りにいく”と言っていた」と証言。最終ラインからつなぐスタイルを標榜(ひょうぼう)する指揮官に「日本は長いボールを蹴った方が嫌がる」と助言したが、「アジアでつなげないようならW杯本大会で通用しない」と返されたという。

No image

31日のW杯アジア最終予選でで日本分析担当を務める今矢氏

基本布陣の3―2―4―1を敷く可能性が高く「サイドの攻防がポイントになる」と予想した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本代表予備登録100名、年齢別に並び替えると...最年長&最年少は?
[adidas Cup大阪]静岡の名門・清水桜が丘が希望が丘に攻め勝つ(20枚)
神戸新監督にペトロ前浦和監督浮上、アギーレ氏も
[MOM2190]浦和東FW市川雄一(3年)_下級生エースの不在でつかんだ「チャンス」
[MOM2191]東海大熊本星翔MF吉岡涼斗(2年)_“小さな名手”が圧巻4発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加