阪神が3位DeNAに大勝 ゲーム差3に広げる 岩田が7回1失点で2勝目

阪神が3位DeNAに大勝 ゲーム差3に広げる 岩田が7回1失点で2勝目

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/12
No image

7回、併殺でピンチを切り抜け、笑顔で大和に声をかける岩田(撮影・飯室逸平)

「DeNA1-8阪神」(11日、横浜スタジアム)

阪神が3位のDeNAに大勝し、ゲーム差を3に広げた。

打線がDeNAの先発左腕、石田を序盤で攻略。二回に鳥谷の左中間への適時二塁打で1点を先制すると、三回には、中谷の左中間スタンドへの13号3ランで加点した。五回にはロジャースの左中間スタンドへの4号2ランなどで3点を奪って突き放した。打線は先発全員安打を記録した。

投げては先発した岩田が7回を3安打1失点の好投で今季2勝目。メッセンジャーが右足腓骨骨折で離脱。ローテーションの再編を強いられるなど、苦しいチーム事情の中でベテランが価値ある投球を披露した。

ヒーローインタビューを受けた岩田は「先制点は絶対あげたくなかったので0を付けにいきました。しっかり攻めていこうと、それが実戦できたことが一番良かった」と振り返った。

DeNAは、石田が五回途中を10安打7失点(自責6)と誤算。打線も阪神投手陣に抑え込まれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
NHK ニュースで広陵・中村の新記録6号を生中継できず「バッドタイミング」
2000安打目前、阪神・鳥谷が打率.571の大当たり...17年第21週投打5傑【セ編】
中居も驚愕、巨人軍のリッチすぎる秘話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加