48時間で制作された「鼻歌」がカンヌ映画祭短編部門へ出品決定

48時間で制作された「鼻歌」がカンヌ映画祭短編部門へ出品決定

  • ナタリー
  • 更新日:2016/05/12

48時間映画祭東京大会でグランプリを含む6冠を獲得した「鼻歌」が、第69回カンヌ国際映画祭短編部門にて公式上映されることが発表された。本作は、東京で夢に破れて帰郷したトランペット吹きの小津が、旧友との再会や謎の少女との出会いを通して変わっていくさまを描いたファンタジー。お題発表から48時間以内に制作するというルールのもと、原節子へのオマージュを込めて“純日本映画”をテーマに作られた。主演は「サルウ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加