最新ランキングをチェックしよう
難病治療を通して見えてきた「患者さんと医療者が一緒に決める」医療とは?

難病治療を通して見えてきた「患者さんと医療者が一緒に決める」医療とは?

  • QLife
  • 更新日:2016/10/18

専門外来の新設など、取り巻く環境が変わったADPKD治療
 国内の患者数は推定31,000人、最も多い遺伝性腎疾患である、常染色体優勢多発性のう胞腎(ADPKD)。加齢とともにのう胞が両腎に増加、進行性に腎機能が低下し、60~70歳までに患者さんの半数が末期腎不全となる病気で、国の難病に指定されています。数年前まで根本的な治療法がなかったADPKDですが、2014年、進行を抑制する世界初の治療薬が

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
腸内細菌は本当に効いた?糞便移植の研究で報告されていなかったこと
銃弾をも砕くガラス「ルパートの滴」。ようやく仕組みを解明
アラブ首長国連邦が描く、2117年火星コロニー計画
研究者ショック「サザエには学名が無い!」岡山大が“新種”として命名
アメリカ初、「全ての臓器に使える抗がん剤」は本当に「夢の薬」なのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加