最新ランキングをチェックしよう
半世紀以上の謎であったマウスの流産を引き起こす原因物質を特定 - 東大

半世紀以上の謎であったマウスの流産を引き起こす原因物質を特定 - 東大

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/13

東京大学(東大)は、雌は交尾後、雄フェロモンであるESP1の分泌量が交尾相手とは異なる雄マウス系統と接触するとブルース効果(流産)が起きることがわかったと発表した。

同成果は、東京大学大学院農学生命科学研究科の東原和成 教授らの研究グループと、麻布大学獣医学部の菊水健史 教授らの研究グループの共同研究グループによるもの。詳細は米国の学術誌「Current Biology」オンライン版に掲載された

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iPS細胞・山中伸弥教授のノーベル賞受賞、医学界で囁かれる理由
【タイ】「川平法(促通反復療法)」の研修会ーシリントン国立医療リハビリテーションセンターで開催
安全、低コストの軟骨再生治療法、臨床応用の最終段階に
木曜深夜にNASAが超重大・緊急発表!! 「ケプラー宇宙望遠鏡」が宇宙人のメッセージ受信、AIが解読成功の歴史的快挙か!?
天体衝突による火星隕石の放出メカニズムを解明 - 千葉工大

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加