最新ランキングをチェックしよう
半世紀以上の謎であったマウスの流産を引き起こす原因物質を特定 - 東大

半世紀以上の謎であったマウスの流産を引き起こす原因物質を特定 - 東大

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/13

東京大学(東大)は、雌は交尾後、雄フェロモンであるESP1の分泌量が交尾相手とは異なる雄マウス系統と接触するとブルース効果(流産)が起きることがわかったと発表した。

同成果は、東京大学大学院農学生命科学研究科の東原和成 教授らの研究グループと、麻布大学獣医学部の菊水健史 教授らの研究グループの共同研究グループによるもの。詳細は米国の学術誌「Current Biology」オンライン版に掲載された

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【非常事態発生】大阪地震の強烈すぎる動画が複数公開される / 通勤時間で多数の人がスマホで高画質撮影
韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望......。根深い男女差別
大傑作『万引き家族』、松岡茉優の谷間に見とれる祥太に男の成長を見た!
仲里依紗&中尾明慶、ご夫婦で"久プリ"に引く「恐怖画像」「すっぴんでこの仕上がり」
まるでホラー映画!?黒柳徹子が公開した「38歳時写真」に戦慄の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加