最新ランキングをチェックしよう
半世紀以上の謎であったマウスの流産を引き起こす原因物質を特定 - 東大

半世紀以上の謎であったマウスの流産を引き起こす原因物質を特定 - 東大

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/13

東京大学(東大)は、雌は交尾後、雄フェロモンであるESP1の分泌量が交尾相手とは異なる雄マウス系統と接触するとブルース効果(流産)が起きることがわかったと発表した。

同成果は、東京大学大学院農学生命科学研究科の東原和成 教授らの研究グループと、麻布大学獣医学部の菊水健史 教授らの研究グループの共同研究グループによるもの。詳細は米国の学術誌「Current Biology」オンライン版に掲載された

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
プレステも「ミニ」に。「プレイステーション クラシック」が12月3日発売
『新しい地図』からまもなく1年 SMAP解散でもっとも損をしたメンバーは誰?
高橋祐也 覚せい剤通報現場に同席していた愛人は「元乃木坂46メンバー」
佐藤健や石原さとみだけじゃない!? “共演者キラー”といわれている芸能人4人!
安室奈美恵「ラストステージ」に『MAX』が来なかった理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加