最新ランキングをチェックしよう
覚せい剤を使った自慰行為にハマッてしまった中年男性の末路<薬物裁判556日傍聴記>

覚せい剤を使った自慰行為にハマッてしまった中年男性の末路<薬物裁判556日傍聴記>

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2019/08/20

―[薬物裁判556日傍聴記]―
 薬物事案の裁判を556日に渡って傍聴し、法廷劇の全文を書き起こした斉藤総一さんの手記。今回の被告は前川保宏。無職の53歳。彼は男性と同居しており、彼の証言によれば、その同居人男性(家主)は、彼が覚せい剤を摂取していることは知らないという。彼は日常のなかでどのように覚せい剤を摂取していたのか。
   ***
斉藤総一さん※プライバシー保護の観点から氏名や住所など

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
様子がおかしい夫のLINEを覗いたら... まさかの画面に「何かが壊れた」と絶句
【韓国】新天地イエス教で、1000人以上に感染「新型コロナウィルス」爆発的に広がる!
高須克弥氏 西原理恵子氏が当初から米国インフルを新型コロナではと指摘していた
藤田ニコルが生放送で『AAA』宇野をガン無視...「態度悪過ぎ」ファン激怒!
百田尚樹さん「感染が爆発したら日本経済は破綻。国が亡ぶ。それを防ぐにはこれしかない」新型肺炎で提言ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加