白鵬杯に1300人 長男“初白星”飾り一日中笑顔

白鵬杯に1300人 長男“初白星”飾り一日中笑顔

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/13
No image

第8回白鵬杯小学校3年生の部に出場した長男真羽人くんの大会初勝利に笑顔を見せる白鵬(撮影・小沢裕)

大相撲の横綱白鵬(32=宮城野)が12日、東京・両国国技館で行われた、自らが主催する少年相撲「第8回白鵬杯」に参加して大会の成功を喜んだ。

モンゴル、台湾、香港など8カ国・地域から過去最多の約1300人の小中学生が集結。過去の大会を振り返り「思い出深いものがあった。順調にきているのかな」と手応えを口にした。第1回大会の団体戦で優勝した青森県代表には、昨年の九州場所で初対戦した小結阿武咲がおり「入門して関取に上がり、私と対戦した。それが1つのこの大会の成功」とうなずいた。3年連続出場の長男真羽人(まはと)くん(9)が“初白星”を飾るなど、一日中笑顔だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東関部屋が部屋開き 元潮丸の東関親方「関取を出すのが恩返しになる」
栃ノ心ファンに後押しされ避けてきた「大関」を明言
栃ノ心 故郷で待つ妻は「しゃべれないくらい泣いていた」 凱旋帰国は5月?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加