最新ランキングをチェックしよう
熱は下げるか、そのままにすべきか?細胞レベルで影響調査 東北大

熱は下げるか、そのままにすべきか?細胞レベルで影響調査 東北大

  • ハザードラボ
  • 更新日:2019/05/26

熱はむやみに下げなくてもいいという説を検証(東北大) 風邪をひいたときに出る熱は、免疫機能が活性化して、ウイルスと戦っている生体防御反応なので、むやみに下げる必要がないといわれる。東北大学のグループは、高熱が及ぼす影響を細胞レベルで調べた結果、たとえウイルスに感染していない状態でも細胞が傷つくことを突き止めた。子供や高齢者などは、抗ウイルス薬とともに解熱剤を使う必要性があるという。ノドの粘膜細胞を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「よくもそんなことを」 トゥンベリさん、国連で怒りの演説
日本のコンビニで買い物をすると、中国では聞かれないことを聞かれることがある=中国メディア
猫は犬同様に人間に強い愛着を抱いていることが判明
森山良子 息子・直太朗の結婚式で司会を務めた小木博明をバッサリ「全然面白くなくて...」
テレビマンがメロメロ!本田翼と永野芽郁が「新“タメ口”女王」になっていた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加