アザレンカが全米OP前哨戦の欠場を表明、チリッチも

アザレンカが全米OP前哨戦の欠場を表明、チリッチも

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/08/12
No image

テニス、ウィンブルドン選手権、女子シングルス3回戦。勝利を喜ぶビクトリア・アザレンカ(2017年7月7日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】女子テニス、元世界ランク1位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)が11日、米シンシナティで開催されるウェスタン&サザンオープンの欠場を表明した。また、男子の前回覇者で世界6位のマリン・チリッチ(クロアチア)も全米オープンテニスの重要な前哨戦と位置付けられる同大会を回避することになった。

芸能サイトTMZ Sportsでは、アザレンカが生後8か月の息子レオくんをめぐり、子どもの父親で先月破局したビリー・マッキーグ氏との親権争いを繰り広げていることを理由に、同選手が今年の全米オープンも出場しない見通しと伝えられた。

同サイトの記事によると、マッキーグ氏が親権を訴えたロサンゼルスの裁判所は、この問題が解決するとみられる10月まで子どもがカリフォルニア州から離れることを認めないとしており、シンシナティや今月28日にニューヨークで開幕する全米オープンで母親と一緒にいることは不可能になるとされている。

28歳のアザレンカは個人的な理由で大会を欠場するとして、「家庭の事情でウェスタン&サザンオープンを棄権せざるを得なくなり残念です」とすると、「これからも、シンシナティに戻って素晴らしいファンの前でプレーすることを楽しみにしています」と語った。

一方、2014年の全米オープンを制したチリッチは、ロジャー・フェデラー(スイス)に決勝で敗れた今年のウィンブルドン選手権以来、内転筋を痛めており、「トップレベルで戦い、大会連覇を果たす100パーセントの状態にはまだない」としてシンシナティ大会の欠場を表明した。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女子は創部2年目の法政第二が3回戦進出[南東北インターハイ]
錦織圭選手が今シーズン欠場へ けが治療のため
“悪女”ならまだマシ! 錦織圭の彼女・観月あこがヤバいとされる理由
世界で最も活躍した日本人 今年前半の1位は...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加