1番手登場もノビノビ 16歳戸塚、10位で決勝進出「メダル持って帰りたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/14

平昌五輪は13日、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)予選が行われ、16歳の戸塚優斗(ヨネックス)は1回目に80・00点をマークし、10位で14日に行われる決勝に進んだ。

出場29選手の1番手として登場した戸塚。1本目で「ダブルコーク1440」を回避し、回転数を抑えて着実に技をこなし80・00点をマーク。2回目は、後半5本目に組み込んだ「ダブルコーク1080」の着氷でバランスを崩し、その後の技につなぐことができず65・25点とした。

初の五輪舞台、しかもトップバッターとして試技に入り、さすがに1本目は「1人目で緊張した」と振り返ったが、それでも「2回目は楽しめた」と大舞台を満喫している様子。決勝へ向け「高さも出て、持っている技も出し切って滑りきりたい。メダルを持って帰りたいです」と笑顔も飛び出した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
男子スキークロスでカナダ代表が骨盤を骨折 ジャンプのあと空中でバランスを崩す
そだねー! カーリング女子にあやかって、「赤いサイロ」でおやつタイムしてみた
【粋だね】オリンピック期間中の「熊本警察の仕事が早い」と話題 / 電光掲示板「お先どうぞ ゆづる心に 金メダル」など
小平奈緒に敗れた韓国の李相花、試合当日に睡眠を妨害されていた?韓国で波紋広がる
韓国のライバルにも、KYな質問にも。小平奈緒の“神対応”に、称賛の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加