「衣替え」がぐっとラクになる3つの工夫とは!?

「衣替え」がぐっとラクになる3つの工夫とは!?

  • オレンジページ☆デイリー
  • 更新日:2017/10/12

もうそろそろ衣替えシーズンに突入。「めんどくさい~」「季節の変わり目に着る服がない!」と嘆いているあなたに朗報! ちょっとした工夫で、「衣替え」はもっとラクになるんです。

◆工夫その1◆
服は3シーズンに分けるべし!

夏物、冬物の2シーズンだけの分類だと、春と秋に着るものの収納場所があいまいになりがち。そこで夏、冬に加えて「春・秋シーズン用」をつくるのがおすすめ。通年しまわないでおけば、季節の変わり目も服が探しやすいうえ、衣替えもスムーズにできます!

下を目安に分けてみて。

No image

【春・秋】七部そでのTシャツや、重ね着などで通年着まわせるカーディガンなど。

【夏】ノースリーブのワンピースや薄手のシャツなど、真夏にしか着ないもの。

【冬】ダウンジャケットやタートルネックなど、真冬にしか着ないもの。

◆工夫その2◆
「1ケースに1シーズン」を厳守!

夏物のケースにまだまだ余裕があるから……と、ほかの季節の衣類を入れては×。夏服と交ざって、衣替えが余計にややこしくなってしまいます。収納はふだんから「1ケースに1シーズン」を守るようにして。

No image

やむをえず入れる場合は、季節外の衣類を風呂敷などでひとまとめにしてから収納しましょう。

◆工夫その3◆
色やラベリングで一目瞭然に!

No image

同じようなケースを使っていると、どこに何が入っているかわかりにくいもの。ラベルシールやマスキングテープでラベリングすれば、服を探すときも衣替えもラクになります。

No image

ハンガーにかけている場合は、色違いを用意して季節ごとに色分けするのも手です。

涼しくなったり、暑くなったりを繰り返しているここ最近。次の衣替えを機に、3つの工夫を実践しておけば、次の衣替えがぐんとラクになりますよ♪

監修/すはら ひろこ、イラスト/北村ケンジ、撮影/落合里美、文/編集部・渥美
『一生使えるオレンジページVOL.4 収納&捨てワザで家じゅうすっきり!』(オレンジページ刊)より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「いっちゃう」の本当の意味は?かわいく「気持ちいい」を伝える10の方法
【お値段以上すぎ】1690円のニトリ抱き枕、中毒者が後を絶たないワケ
「女友達をおんぶして写真を撮っていたら...通りすがりのバイク乗りが『オレもおんぶしてくれ』と言ってきた」→その結果撮れた写真
美人よりも!? 「ちょいブスのほうがエッチで興奮する」男の本音4つ
これは凄い「革命的」過ぎるソファが話題に!一人暮らしに欲しい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加