西武8月初連敗 浅村“3連発”も

西武8月初連敗 浅村“3連発”も

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/08/12

2強を追うには痛すぎる黒星を喫した。3-5の9回1死二、三塁。一発出れば逆転の場面で、この日2打席連発の浅村、さらに中村が連続三振に倒れた。10日のオリックス戦に続く下位球団相手の逆転負け。ソフトバンクに同一カード3連敗した7月17~19日以来の連敗となった。

浅村は初回に先制14号2ランを放ち、3回も2打席連続の15号ソロ。10日の最終打席から試合をまたいで3打席連発となったが、終わってみればこの3得点にとどまった。「先制できたけど、その後に打てなかった方が悔しい」と力なく振り返った。中軸と下位のつながりを重視し、今季初めて6番に金子侑を起用した改造も実らなかった。

先発の野上は5回に角中に同点2ランを浴び、7回は武隈が2失点。エース菊池が8回に勝ち越しを許した10日のオリックス戦に続き終盤に泣いた。4日までの13連勝後は2勝4敗。辻監督は「選手が頑張って連勝して貯金をつくった。連敗することもある。いまは投手も疲れているし、流れもある。全員で打開しないと」と強調した。このままズルズルと後退しないためにも、まずは勢いを呼び覚ます白星が欲しい。 (松田達也)

=2017/08/12付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人宇佐美、阪神秋山が1号/18日プロ野球まとめ
神戸国際大付・花村、聖地マウンドで輝き放った162センチ左腕
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
巨人・宇佐見、1号がサヨナラ本塁打!球団5人目の快挙「最高です!!」
“阿部2世”巨人・宇佐見「最高でーす!」プロ1号がサヨナラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加