犬の首輪っていつもつけていたほうがいいの?

犬の首輪っていつもつけていたほうがいいの?

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2017/08/12
No image

迷子にならないために

No image

玄関ドアや窓が開いた隙に外に出てしまったり、いつ起こるかわからない災害時のために、日ごろから愛犬の名前と飼い主の連絡先のわかる迷子札や鑑札をつけた首輪をつけていると安心です。
マイクロチップを装着していても、パッと見で分かる首輪の方が便利だといえるでしょう。

今では野良犬を見かけることはなくなりましたので、犬が外をひとりで歩いていたら「どこからか逃げてきてしまったのかな」と大半の人は思うでしょうが、ちょっと前までは「首輪をしている=飼い主がいる」という認識でした。

たとえば「青い首輪をした柴犬をみませんでしたか?」といったふうに犬を探すときにも首輪は愛犬が飼い犬であることの目印になります。

捕まえやすいように

No image

何かとっさのことがあったときに、パッと首輪を掴む。
興奮しやすい犬などのトレーニング時に、パッと首輪を掴む。

首輪を掴むことは、犬の安全確保のためにも、しつけトレーニング時にも有効です。
走ったり動いたりする犬は捕まえにくいので、首輪をしていると捕まえやすく便利です。
また首輪をつかむことで犬の動きをコントロールできます。

長毛種や小型犬には家用首輪がおすすめ

No image

散歩のときはハーネスだし、小さい犬に首輪は重たくてかわいそう、と思う方が多くいらっしゃいます。また、長毛種だから首輪をずっとつけていると、毛が切れたり毛玉になっちゃうから嫌だ、と言う方も。
しかし万が一の時のことを考えると首輪をつけておきたいし…とお悩みの方には「家用の首輪」をおすすめします。

布製や細い首輪で軽く、迷子札代わりになって、有事の時はリードを引っかけることもできるものがあります。しかしリードを引っかけられますが、あくまで有事のときのみです。

また、長毛種やデリケートな皮膚の犬には、被毛や皮膚が傷つかない滑らかになめされた革製のものや、優しいコットン地のものがおすすめです。
愛犬の身体に負担が少ない形で、安全と安心も手に入れたい方に是非おすすめですよ。

まとめ

No image

私が飼っている犬は、被毛が繊細で、かつ首回りからボディにかけてラインを作るカットが特徴のため首輪はトリマーさんにとても嫌がられます。どうしても首輪を付けていることで、首周りの毛が薄くなってしまい、せっかくトリミングでカットしてもらってもラインが崩れてしまうからです。

しかしやんちゃで、何かの拍子に家から飛び出してしまったらと思うと心配なため、前トピックでおすすめした迷子札付の家用首輪を愛用しています。
小型犬だと確かに頑丈そうな立派な首輪は、リラックスタイムには重たそうに思えて使用出来ません。

普段の散歩はハーネスを使用しているため、軽い迷子札付の首輪が重宝しています。
愛犬の安全対策のため、もし普段首輪を使用していないようでしたらご検討してみてはいかがでしょうか。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

「いつも着けているものだから…」愛犬に優しいオススメの首輪・迷子札

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
mo

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トイレットペーパーが無くなった時の対処法TOP5
キラキラネーム、みんなの思い「親のせいで一生苦しむ」「親の愛情が反映されている」
スマホを持たない女子高生が触っていたものは? 「切なくて泣きそうになった」「数年前までやっていた」と共感集まる
「もうすぐ飛行機が離陸するのだけど...こんなアナウンスが聞こえてきた」不安になる写真
武田教授が暴露。なぜ政府は北ミサイル発射を知らせなかったか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加