日本ハム 7試合連続4番の大谷が勝ち越し打 「逆方向にうまく打ち返せた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/10

「楽天-日本ハム」(10日、Koboパーク宮城)

7試合連続で四番に座った日本ハムの大谷翔平投手が七回、勝ち越し打を放った。

2-2の同点で迎えた七回、2死二塁で楽天の左腕、高梨から左前への適時打。8日の同戦では3安打2打点と敗戦の中でもひとり気を吐いたが、この日も三回に右前打を放つなどマルチ安打で存在感を見せつけた。

4番で2試合連続打点の二刀流は「勝ち越せてよかったです。スライダー、シュートを頭に入れながら待っていたので逆方向にうまく打ち返せて良かったと思います」と振り返っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中居も驚愕、巨人軍のリッチすぎる秘話
広陵・中村の新記録、NHKニュースで中継できず...
ロッテ伊東監督「3拍子そろう逸材」広陵中村を絶賛
NHK ニュースで広陵・中村の新記録6号を生中継できず「バッドタイミング」
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加