ノーベル文学賞のカズオ・イシグロ氏日本への思い語る 「私の一部は日本人」

ノーベル文学賞のカズオ・イシグロ氏日本への思い語る 「私の一部は日本人」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/12/07

ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏(63)がきのう6日(2017年12月、日本時間)ストックホルムで授賞式を前に記者会見し、日本への思いを語った。

イシグロ氏は1954年、被爆した日本人女性を母に長崎で生まれた。5歳でイギリスの渡ったが、「遠い山なみの光」「わたしを離さないで」などの作品には日本の影響がはっきりとあり、長崎の情景描写も多い。ノーベル賞という言葉を初めて聞いたのも母からだったという。

原爆についてもふれる

祝賀のイベント会場に黒いスーツとシルバーのネクタイ姿で現れたイシグロ氏は「私の一部は日本人。この賞を誇りに思ってほしい」「母も原爆の犠牲者で、原爆のかげで私は育った」と語った。

司会の小倉智昭「ご本人が体の一部は日本人とおっしゃるのは、うれしいですね」

ニュースデスクの笠井信輔「現在はイギリス国籍ですが、ノーベル賞を日本語で認識してきたそうです」

イシグロ氏の本は早川書房から8冊出ている。17年間で99万部の売れ行きだったが、問い合わせが殺到し、受賞が伝えられてから115万部が売れた。

小倉「すぐに買いに行っても1冊もなかったのが、2週間後には平積みになっていた」

梅津弥英子アナ「記憶をていねいに紡ぐようで、核や戦争にも問題意識があります」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元モー娘。吉澤ひとみの長男が付けてる器具は何!? 石川梨華&巨人・野上の結婚パーティーに注目
「元SMAP6人と飯島氏!?」新しい地図、映画『クソ野郎と美しき世界』デザインが波紋
『イッテQ』みやぞん異例のリタイア 番組スタッフの言動に批判殺到
滝沢カレン、Hey! Say! JUMP有岡大貴に話題の“四字熟語あだ名”命名「的を得すぎ」「天才」と反響多数でトレンド入り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加