ドコモが冬春モデルとして3D撮影機能を搭載した『Xperia XZ1』などを発売

ドコモが冬春モデルとして3D撮影機能を搭載した『Xperia XZ1』などを発売

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/13

NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「docomo with」対象端末で唯一、フルHD液晶ディスプレイを搭載した『AQUOS sense SH-01K』と、進化したMotion Eyeカメラや3D撮影機能を搭載した『Xperia XZ1 SO-01K』を2017冬春新商品として発売する。また、『Galaxy Feel SC-04J』の新色「Aurora Green」の発売を開始した。

■『AQUOS sense SH-01K』(シャープ)

まず⾼精細なフルHD IGZO液晶ディスプレイを搭載。驚きのきめ細やかさで表⽰し、写真や⽂字もくっきり⾒やすい。さらに液晶テレビAQUOSの技術を受け継いだリッチカラーテクノロジーモバイルにより、写真や動画をより鮮やかに表示していく。そしてブルーライトを抑えた⽬に優しいリラックスビューと併せ、就寝時間に近づくと⾃動的に切り替わるリラックスオートも搭載している。

キッチンなどでも安心の防⽔・防塵性能を装備。⽔濡れに強いタッチパネルなので、画⾯に⽔滴がついても快適に操作できる。また、省電⼒なIGZOだから、安心の電池持ち。動作や機能を⼀部制限して、電池を⻑持ちさせる⻑エネスイッチも搭載。 3GBのRAMで動作もサクサクでストレスなく操作できる。

デザイン面では、落ち着いた4⾊のカラーバリエーションで⾃分らしく使える洗練されたデザインを採用。ディスプレイ⾯には強化ガラスを使⽤し、摩擦によるキズがつきにくく美しさが⻑持ちする。 さらに指紋センサーを本体前⾯に配置し、触れるだけで画⾯ON&ロック解除が可能。机に置いたままでもワンタッチで使い始められるほか、ホームキーとしても使⽤できる。

No image

本体サイズ/約高さ144×幅72×厚さ8.6mm、148g
OS/Android 7.1
ディスプレイ/約5.0インチ TFT(IGZO) 約1677万⾊ フルHD(1080×1920)
CPU/Qualcomm MSM8937 1.4GHz+1.1GHz オクタコア
内蔵メモリ(RAM:ROM)/3GB:32GB
バッテリー容量/2700mAh
アウトカメラ(有効画素数、F値)/約1310万、2.2
インカメラ(有効画素数、F値)/約500万、2.2
カラー/Champagne Gold、Frost Lavender、Silky White、Velvet Black
発売日/11月10日

■『Xperia XZ1 SO-01K』(ソニーモバイルコミュニケーションズ)

撮りたい瞬間、思いがけない瞬間を撮り逃さない「先読み撮影」機能を搭載。シャッターを押すと、最⼤4枚の写真が記録され、シャッタータイミングが遅れてもベストショットを選んで残せる。動きのある被写体や笑顔の撮影には最適だ。 さらに約0.2秒の⼀瞬を、約6秒のスロー映像として再⽣する驚きの960fpsの「スーパースローモーション」を装備。⽇常の何気ないシーンやスポーツの⼀コマやペットの動きなどが印象的な映像となる。 新機能の「オートフォーカス連写」では、⾛っている⼦供やペットもボケずに連写が可能になった。また、加えて⼤型ピクセルのイメージセンサーを採⽤し、取り込む光の量が多いので暗いところでもさらに明るく、きれいに撮影できる。

ソニー独⾃開発の「3Dクリエーター」アプリで、⼈の顔や⾷べ物などを360度スキャンして、3Dデータとして保存。スマホのカメラのみで、ガイダンスに従って、簡単に撮影が可能だ。 撮影した3Dデータをアバターとして画⾯内に表⽰させて、写真や動画を撮影できる機能も搭載。撮影した動画などは、SNSに投稿、シェアして楽しめる。撮影した3Dデータを壁紙設定したり、⾃作のマチキャラを待ち受け画⾯に表⽰することも可能だ。3Dプリントでオリジナルフィギュアの作成にも対応する。

その他の機能面では、最先端のCPU、4GBのRAM、64GBのROMに最新のAndroid 8.0を搭載。⾼速ネットワーク、4×4MIMOにも対応しており、最⼤受信速度788Mbpsを実現。動画のストリーミングやハイレゾ⾳源のダウンロードが快適に行なえる。 ⾃然な明暗差と奥⾏き感を映し出すHDR対応ディスプレイを搭載。また、臨場感あふれるハイレゾ⾳源の再⽣に対応したほか、フロントスピーカーの⾳量を50%アップした。背⾯、両側⾯に同じメタル素材を使⽤し、⾒た⽬の美しさ、触り⼼地の良さも追求。本体は7.4mmに薄型化され、⼀体感のある造形美あふれる形状を実現した。

No image

本体サイズ/約高さ148×幅73×厚さ7.4mm、約156g
OS/Android 8.0
ディスプレイ/約5.2インチ TFT(トリル ミナス ディスプレイ for mobile)約1677万⾊ フルHD(1080×1920)
CPU/Qualcomm MSM8998 2.45GHz+1.9GHz オクタコア
内蔵メモリ(RAM:ROM)/4GB:64GB
バッテリー容量/2700mAh
アウトカメラ(有効画素数、F値)/Motion EyeTMカメラシステム 約1920万 2.0
インカメラ(有効画素数、F値)/約1320万、2.0
カラー/Champagne Gold、Frost Lavender、Silky White、Velvet Black
発売日/11月10日

■『Galaxy Feel SC-04J』の新色「Aurora Green」

No image

関連情報

https://www.nttdocomo.co.jp/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Androidカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『iPhone X』に勝る機種は?3大キャリアの冬春スマホ12機種をチェック
異形の2画面スマホ「M」を買わざるを得ない理由
シャープ、「AQUOS sense」のSIMフリーモデル「AQUOS sense lite」
OSバージョンアップから取り残された「時代遅れのAndroid端末」がどれくらい動いているのかがグラフで明らかに
iPhone XとGalaxy Note8のディスプレーを比較した
  • このエントリーをはてなブックマークに追加