【二十四孝】竹にすがり泣く親孝行の孟宗

【二十四孝】竹にすがり泣く親孝行の孟宗

  • FISCO
  • 更新日:2017/09/15
No image

株式会社フィスコ

中国三国時代、呉国に孟宗(もうそう)という親孝行の息子がいました。幼い頃に父を亡くし、高齢の母は重い病にかかっていました。彼は医者から、母に新鮮な筍のスープを作るようにと言われました。

時は冬、筍は春にならないと生えてきません。なす術もなく、竹林に入った彼は、竹にすがって泣き出しました。すると大地が揺れ始め、地面がひび割れたかと思うと、数本の筍が生えてきました。

大喜びした孟宗は新鮮な筍を家に持ち帰り、美味しい筍スープを母に飲ませました。すると、母の病気が治りました。

村では孟宗の親孝行が天地を感動させ、真冬に筍が生えたのだと語り継がれました。

(翻訳編集・豊山)

【ニュース提供・大紀元】

<HT>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
不動産視察に訪れた中国人が全力で伝えたい「東京のリアル」=中国メディア
「文大統領が米国で冷遇を受けた!」韓国議員の指摘に、韓国ネットが反発=「言いがかりだ」「安倍首相だったら...」
日本が分析した「韓国人を苦しめる方法」が正確すぎる!韓国ネットで話題に
中国がついに本気で尖閣を獲りに来る「その決意の証拠」
「見栄のため」に自動車を買う中国人が、日本を走る自動車を見て驚いたこと=中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加