【岐阜|新体制】今季もテーマはポゼッション!平均年齢24.2歳の若さで旋風を起こせるか

【岐阜|新体制】今季もテーマはポゼッション!平均年齢24.2歳の若さで旋風を起こせるか

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/01/12
No image

ベテランの竹田は、最終ラインの統率を任されるはずだ。写真:小崎仁久

No image

大木体制2年目の今シーズンも目標はひと桁順位だ。写真:小崎仁久

大木体制2年目の岐阜は1月11日、2018年の新体制・新加入選手記者発表を岐阜市内のホテルで行なった。今シーズンのスタートとなる会見には、宮田博之社長、大木武監督に加え、新加入選手11名が出席した(新加入選手のうち、長沼洋一はU-21日本代表としてU-23アジア選手権出場のため欠席)。

昨シーズン、ポゼッションサッカーでリーグに衝撃を与えた岐阜だが、結果として順位は18位。今シーズンは「新時代を拓く」をスローガンに「結果を出す」(宮田社長)2年目となる。

大木監督は「順位は残念だったが、昨シーズンに悔いはない。目標は(昨季同様)ひと桁。ひと桁は9位から1位まである。どうなるかはシーズン次第」と今季を展望した。

戦術、スタイルを変えず、より多くの点を取って失点を減らすことがポイントとなるが、懸念されるのは昨季の中核選手の移籍。攻守の要であった庄司悦大、シシーニョ、ルーキーながら目覚ましい活躍をした大本祐槻がチームを離れた。しかし大木監督は「良いチームになっている。戦力的にまったく心配していない」と語る。

層の薄かった最終ラインに新たに加わったのは14年目のシーズンとなる竹田忠嗣。ベテランのDFとして、失点減とライン統率を任されるだろう。竹田は「チャンスをもらい新たなチャレンジだと思っている。守備だけでなくビルドアップでも自信はある」と抱負を話した。

「どちらかと言うと若いチームを好む」と話す大木監督の言葉通り、新加入選手は若手が中心であり、チーム全体としても平均年齢24.2歳と昨シーズンと比較して約1歳若返った。長沼をはじめ三島頌平など将来を有望視されるプレーヤーも多く、各ポジション、戦術に合った足下の技術がある選手が並んでおり、チームは監督のコンセプトに沿っていると言えよう。

今後さらに外国籍の選手が加わるということだが、現有戦力と若い選手たちが中心となりポゼッションサッカーを進めていくことになる。開幕まで1か月半。新加入選手がいかに早くチームのフィロソフィとスタイルを理解し、体現できるか。それが「ひと桁」という目標を到達できる鍵になるだろう。

取材・文●小崎仁久(スポーツライター)■2018年メンバーリスト ★=新加入
GK
ビクトル
岡本享也★
原田祐輔★

DF
阿部正紀
田森大己
青木 翼
福村貴幸★
イヨハ理ヘンリー★
竹田忠嗣★
藤谷 匠★

MF
田中パウロ淳一
風間宏矢
小野悠斗
永島悠史★
禹 相皓★
長沼洋一★
山岸祐也★
島村拓弥★
三島頌平★
中島賢星★
宮本航汰★

FW
古橋亨梧
薮内健人
難波宏明
石川大地★

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[日本高校選抜選考合宿]流通経済大柏MF石川貴登(3年)「最後の最後で負けてしまって、そこで負けて学ぶことができた」
川崎FでインカレMVP「守田100%」が新境地「笑ってもらえてよかった」
本田圭佑がアシストで示したトップ下の資質。日本代表の新たな“ソリューション”となるか
サガン鳥栖 弾丸田川劇弾 後半終了間際同点ゴール 練習試合
井手口陽介スペインデビューに「楽しい時間だった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加