ロンドンタウンが差し切りV! 日本レコードで重賞2勝目/エルムS

  • netkeiba.com
  • 更新日:2017/08/15

13日、札幌競馬場で行われたエルムS(3歳上・GIII・ダ1700m)は、好位の内でレースを進めた岩田康誠騎手騎乗の4番人気ロンドンタウン(牡4、栗東・牧田和弥厩舎)が、直線で外に持ち出して、先行して競り合う1番人気テイエムジンソク(牡5、栗東・木原一良厩舎)・8番人気ドリームキラリ(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)を差し切り優勝した。勝ちタイムは1分40秒9(重、日本レコード)。

1/2馬身差の2着争いは、テイエムジンソクに軍配が上がった。ハナ差でドリームキラリが3着。なお、2番人気ピオネロ(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)は7着、3番人気モンドクラッセ(牡6、美浦・清水英克厩舎)は10着に終わった。

勝ったロンドンタウンは、父カネヒキリ、母フェアリーバニヤン、その父Honour and Gloryという血統。今年2月の佐賀記念に続く重賞2勝目、JRAでは初めての重賞制覇を果たした。また、父カネヒキリにとってもこれが産駒のJRA重賞初勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ロンドンタウン(牡4)
騎手:岩田康誠
厩舎:栗東・牧田和弥
父:カネヒキリ
母:フェアリーバニヤン
母父:Honour and Glory
馬主:薪浦亨
生産者:松浦牧場
通算成績:19戦6勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2017年佐賀記念(GIII)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
産後の女性、エレベーター事故で体が切断され死亡 スペインの大病院で
ユーチューバー・ヒカル“売り逃げ”に専門家が詐欺罪の可能性を指摘
彼とはどう?「エッチの相性がいい男女」は●●の相性もいい!4選
キャーッ見たくなかった...偶然見つけた「彼氏のエッチな秘密」4個
高梨沙羅「腹立たしい...選手失格」体重不足での失格
  • このエントリーをはてなブックマークに追加