ミッドシップエンジン、リアドライブレイアウトでクルマを操る楽しさを体感できるホンダの軽オープン「S660」

ミッドシップエンジン、リアドライブレイアウトでクルマを操る楽しさを体感できるホンダの軽オープン「S660」

  • @DIME
  • 更新日:2020/10/17

ホンダ『S660』 軽自動車編「知っておきたいクルマカタログ2020」

ホンダ『S660』 2,031,700円(税込)〜

No image

ホンダの1991年から1996年に販売された『ビート』と同様のコンセプトを持つ、軽規格の2シーターオープンスポーツカー。

2015年4月に登場した『S660』は、スポーツカーの醍醐味である曲がる楽しさを体感できるよう、高い旋回性能に曲がる曲がるこだわり、ミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)レイアウトを採用。

さらに低重心と理想的な前後重量配分である45:55を実現。エンジンには低回転域から力強く、高いアクセルレスポンスを可能とする専用のターボチャージャーを搭載。

No image

トランスミッションには、ワイドレンジ&クロスレシオに設定した新開発の6速MTに加え、スポーツモードを備えた7速パドルシフト付CVT(無段変速オートマチック)も設定。スポーツカーらしいドライビングと日常での扱いやすさを実現。

関連情報
https://www.honda.co.jp/S660/

※記事中のデータ等は2020年7月現在のものです。

文/土屋嘉久

クルマは走らせてナンボ!をモットーに、どんな仕事にも愛車で駆けまわる日々。クルマのほかにもグルメやファッション情報、また小学館Men’s Beautyでは、男性に向けた美容・健康法、化粧品情報なども発信。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加