熱中症が心配 「通常のマスクで夏を過ごすのは無理」50代以上の女性は7割も

熱中症が心配 「通常のマスクで夏を過ごすのは無理」50代以上の女性は7割も

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/08/01

新型コロナウイルスの感染防止のために、マスクは必需品である。しかしながら真夏になると、通常のマスクでは過ごしにくいものだ。

画像をもっと見る

■「夏は厳しい」6割も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女2,168名を対象に、「マスクの利用について」の調査を実施した。

No image

「通常のマスクだけで新型コロナ禍の夏を過ごすのは厳しいと思う」と答えた人は、全体で59.6%だった。

関連記事:暑い日のマスク着用 「顔周りのクールダウン方法」をヤフーが周知

■真夏に通常のマスクは無理

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

No image

猛暑が続くような日々には、マスクによる熱中症も心配である。

「すでに6月頃から、マスクの中が蒸れて気持ち悪いと思っていた。この先の猛暑が続くような時期になれば、通常のマスクでなく夏用のものが必要だと思った」(30代・女性)

「マスクのせいで汗をいっぱいかくので、やはり熱中症が心配。こまめに水分補給をするように、夫や子供にもしつこいくらいに言っている」(40代・女性)

■熱中症対策が必要

人のいないところでマスクを取るなど、個人的な対策も重要になるだろう。

「たしかに夏にマスクをすると、暑いし息苦しい。ただ新型コロナの対策にマスクは必要なので、人のいないところでこまめに取るなどして対処するしかないと思う」(30代・男性)

「僕は暑がりなので、真夏のマスクはかなりきついと思う。ただ夏用のマスクもどれほど効果があるか疑問なので、このまま使い捨てマスクで乗り切るつもり」(40代・男性)

■夏用マスクを試してみたものの

夏用のマスクを試してみたが、満足ができなかった人もいるようだ。

「冷感マスクを買って使ってみると、たしかにひんやりとするときはある。ただこれで炎天下を乗り切るのは難しいために、やはり個人で水分補給などの対策が重要なのだと思った」(20代・女性)

「保冷剤を入れるマスクを買ったけれど、さすがに真夏に長時間は持たない。他のタイプの夏用マスクも買ってみて、どれが一番いいのか検討しようと思う」(30代・女性)

夏用のマスクを使いながら、さらに個人での熱中症対策が必要になってくるだろう。

・合わせて読みたい→『スッキリ』夏のマスク着用で気をつける3つのポイント 医師が注意喚起

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日
対象:全国10代~60代の男女2,168名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加