松下奈緒が“写真映え”で人気の福岡県糸島へ! 海鮮グルメや「あまおう」などを堪能 『遠くへ行きたい』

松下奈緒が“写真映え”で人気の福岡県糸島へ! 海鮮グルメや「あまおう」などを堪能 『遠くへ行きたい』

  • music.jp
  • 更新日:2022/01/15
No image

『遠くへ行きたい』「九州の旅」松下奈緒(1) (c)ytv

著名人が日本各地を訪れ、食や文化などを堪能する旅番組「遠くへ行きたい」。2022年1月16日(日)6:30〜7:00に日本テレビ、同日7:00〜7:30に読売テレビで放送される回では、前回に引き続き、女優の松下奈緒が九州を旅する。

●とれたての魚介でバーベキュー

旅はJR筑肥線「鹿家駅」からスタートする。松下はホームに入ってきた赤い電車を愛用のカメラで撮影、そして目的地の「大入(だいにゅう)駅」へ。ここから5分の「大入海水浴場」には、エメラルドグリーンの海と白い砂浜が広がっている。

ビーチに面した大入漁港の「マリンショップ WESTERN MARIN」を訪ねた松下。ショップ内の生けすには、大アサリやサザエ、アワビなど美味しそうな食材が。ここでは、好きな魚介を選んでバーベキューができるという。松下は店の松島華暖さんが用意してくれたとれたての魚介でバーベキューを楽しむ。

●写真映えスポット

数々の写真映えスポットで人気の糸島。今津中田の「コスモス広場」には、12月でもコスモスが咲いている。続いて向かった「小田浜海岸」で待っていたのは、巨大なジョーズのオブジェ。海岸沿いのヤシの木にはブランコがたくさんかかっており、いずれも手作りの温もりが感じられる。松下は併設されたアトラクションを体験する。

海岸にある「ハーバーハウス バーベキューガーデン」にも生けすがあり、松下はホタテを釣ることに。釣り道具はなんとカーテンレール! 店長の大歯直哉さんによると、海岸沿いの手作り感溢れる品々を作ったのは店のオーナーだという。自らヤシの木を斜めに植えてブランコを作り、無料の遊び場として開放、いまや人気のスポットになっている。

まだまだフォトジェニックなポイントの多い糸島。R54 サンセットロードの「二見ヶ浦ビーチ」の壁には天使の羽、さらに「北崎海岸」にはドラえもんのあの有名な道具が! 他にも楽しいオブジェがいっぱいある。

「桜井二見ヶ浦」で出会ったのは、修学旅行中の高校生。静岡県富岳館高等学校の生徒で、松下は海の中にある鳥居を前に、高校生たちの写真を撮る。

●海鮮グルメ対決

「PALM BEACH THE GARDENS」にある「西浦イカ活き造り 波平」でランチタイム。松下は店長の友納剛史さんに生きたアオリイカを見せてもらう。透明なアオリイカは触ると色が変わる。料理長・國分肇さんがスピーディーにイカを捌き、活き造りが完成。その美しさと美味しさに松下は感激する。

「塚本鮮魚店」では、冬の味覚の王者クエと真鯛がお出迎え。店長・大坂太一郎さんのおすすめはクエの握り。さらに、おすすめ具材をたっぷり盛り合わせた海鮮丼とで海鮮グルメ対決に!?

糸島の「JA糸島産直市場 伊都菜彩」は九州最大級の巨大産直市場。松下は自前のクーラーボックスを手に、鮮魚コーナーで魚を大量買い。頼めばその場で三枚におろしてくれる。さらに「伊都菜彩食堂 まるいとうどん」では、鮮魚コーナーの方に教えてもらった「ごぼう天」とうどんを堪能する。

●「あまおう」狩り

糸島はイチゴの王様「あまおう」の産地。松下は「糸島磯本農園」の磯本浩英さんのハウスで、大粒のあまおう狩りを体験する。磯本さんが仲間と開いた「いちごやcafe TANNAL」では、あまおうをふんだんに使ったメニューが楽しめる。

海沿いの絶景スポットに並ぶ真っ赤なロンドンバス。その中はバスを改装したカフェになっている。「糸島LONDON BUS CAFE」代表の豊福陽一郎さんは日本中に声をかけて、ロンドンバスを集めたそう。“映える”糸島を満喫し、旅を締めくくる松下であった。

【旅する人】松下奈緒

■遠くへ行きたい | 読売テレビ

https://www.ytv.co.jp/tohku/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加